海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > アジア > インド > デリー > 観光スポット > フマユーン廟

インドフマユーン廟Humayun's Tomb

デリーイメージ

プラーナー・キラーからマトゥラー・ロード Mathura Rd.を南へ。ムガル帝国第2代皇帝のフマユーンの廟は、その妃が1565年に建造した。庭園の中に廟を置く形式で、後に影響を受けて建てられたあのタージ・マハルに比べれば小さいながらも、インド・イスラーム建築の傑作とされている。中央にドームを頂いた左右対称の建築は、入口のアーチを通して見たとき、その安定感がいっそう際立つ。建物内の中央に置かれた白大理石は仮の棺で、遺体はこの真下に安置されている。1993年に世界遺産に登録された。

交通アクセス
メトロのバイオレットライン JLN Stadium駅下車、徒歩15分
TEL
24355275※現地の電話番号になります。日本からおかけの場合は、
インドへの電話のかけ方をご参照ください。
開館時間
日の出~日没
定休日
無休
料金
Rs500、ビデオ持ち込み料Rs25

地球の歩き方からのオススメ情報

フマユーン廟の口コミ

タージマハルの手本

評価 ★★★★☆

 アグラにある、あの「タージ・マハル」の手本とされた宮殿。タージ・...

続きを見る

フマユーン廟の口コミ一覧

デリー/ニューデリーのおすすめホテル

アジア の海外航空券

デリー/ニューデリーのおすすめツアー

デリー/ニューデリーの現地ツアー