海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > グアム・サイパン・リゾート > バリ島 > デンパサール(バリ島) > 観光スポット > ゴア・ガジャ

バリ島ゴア・ガジャGoa Gajah

デンパサール(バリ島)イメージ

ウブド中心部から約4km東にある11世紀頃の古代遺跡。『ゴア・ガジャ』とは『象の洞窟』という意味で、これは14世紀にオランダ人が発見したときに、半壊していたボマ像(ラクササ)が象に見えたためだという。
入口に巨大な顔のレリーフが彫られた洞窟は、1923年になって発見されたもの。その顔のモチーフは魔女ランダだとも、シナ・パスパティ(アグン山とバトゥール山を造ったといわれる神)だともいわれている。内部の突き当りの部屋には、左側奥にガネーシャ神、右側奥には3体のやリンガ(男根)が祀られている。それぞれのリンガはヒンドゥー教の3大神、シヴァ、ヴィシュヌ、ブラフマを表しており、さらに下部を小さな8体のリンガに取り囲まれている。
また、洞内には全部で15の横穴があり、かつて僧が瞑想したり、睡眠を取ったりした場所だといわれている。洞窟手前の広場には、6人の女神(ウィデャダリ Widyadari)が彫られた沐浴場が、ほぼ完全な形で残っている。この沐浴場は1954年に発見されたもので、それまではこの広場の下に埋もれていた。

交通アクセス
ウブド、プリアタンから3~4km南東。レンタサイクルなどで簡単に行ける。島内ツアーで立ち寄ることも多い
開館時間
8:00~17:00
所要時間
30分
料金
大人Rp.15,000、子供Rp.7,500
注釈
※短パンの人は、入口でサロン(無料)を借りて着用する

地球の歩き方からのオススメ情報

ゴア・ガジャの口コミ

瞑想するための穴にびっくり

評価 ★★★★☆

入口がかっこいぃ!!!! こういうの大好き。 ゴア・ガジャの真っ暗な...

続きを見る

ゴア・ガジャの口コミ一覧

デンパサール(バリ島)のおすすめホテル

アジア の海外航空券

デンパサール(バリ島)の現地ツアー