海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > グアム・サイパン・リゾート > バリ島 > デンパサール(バリ島) > 観光スポット > クルタ・ゴサ(スマラプラ王宮跡)

バリ島クルタ・ゴサ(スマラプラ王宮跡)Kertha Gosa(Puri Semarapura)

デンパサール(バリ島)イメージ

バリ東部で最も重要な文化遺産。入口の正面にあるバレ・カンバン Bale Kambangは、池の中に浮かぶように建てられている。ゲルゲル王朝時代、王家の人々の休息所として使われた建物を1940年代に復元したもので、周りを取り囲むよう装飾された石彫り、柱に施された木彫り、そしてラーマヤナなどの神話を題材にしたカマサン・スタイルの天井画が見事だ。
敷地の北東側に建つ小さな棟はクルタ・ゴサ(=サンスクリット語で裁判所の意味)で、この王宮跡全体の呼び名にもなっている。地方レベルでは解決できない問題を裁いた場所で、ここの天井にもカマサン・スタイルの絵が描かれている。こちらの絵は、さまざまな道徳的、宗教的な教えをモチーフにしている。例えば、姦通罪を犯した人間は、死後、性器を切ったり焼かれたりするといった「地獄絵」などには、思わず苦笑させられてしまうはずだ。
敷地の西側にある大きな建物は博物館。クルンクン近郊の出土品や、ゲルゲル、クルンクン両王朝時代の王座、槍、剣、金銀の器、あるいは当時の写真や絵などが展示されている。特にオランダ軍との最後の抗戦(ププタン)を描いた油絵は迫力があるので、じっくりと鑑賞したい。

開館時間
8:00~18:00
所要時間
15分
料金
大人Rp.50,000、子供Rp.25,000(ププタン記念碑の入場料も含む)

地球の歩き方からのオススメ情報

デンパサール(バリ島)のおすすめホテル

アジア の海外航空券

デンパサール(バリ島)の現地ツアー