海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン > 観光スポット > 自然史博物館

イギリス自然史博物館Natural History Museum

ロンドンイメージ

1880年に大英博物館から独立し、現在の場所に移ったもの。サー・ハンス・スローンのコレクションは、現在は大半がここで展示されている。世界中から集められた動植物の標本、なんと約4億点。しかも毎年30万点もの新種が加えられているという。
アルフレッド・ウォーターハウスの設計による、ラインラント・ロマネスク様式(11~12世紀の聖堂によく見られる)の荘厳な建物で、全長は205mもあり、宮殿や大聖堂にも見えるほど。このため、こちらが「大英博物館」だと思ってしまう人もいるとか。正面入り口から入ると、宙に浮かぶシロナガスクジラの巨大な骨格標本がお出迎え。恐竜の骨格標本、樹齢1300年のセコイアの断面標本、小さなものでは昆虫やバクテリアの化石などが見られる。ロンドンのミュージアムの中では抜群の人気で、週末には行列ができることも。 “The Power Within Galleries”も訪れてみたい。ここは地質に関する展示スペースで、地震の揺れを体験するコーナーも。Exhibition Rd.側の入口から入るとすぐ。また、科学者の仕事を身近に感じることができる“ダーウィン・センター・コクーン”もある。

住所
Cromwell Rd., SW7 5BD
交通アクセス
【地下鉄】South Kensington
TEL
7942-5000※現地の電話番号になります。日本からおかけの場合は、
イギリスへの電話のかけ方をご参照ください。
開館時間
10:00~17:50(最終入場は17:30)
定休日
12/24~26
料金
無料(特別展は有料)

地球の歩き方からのオススメ情報

ロンドンのおすすめホテル

ロンドン の海外航空券

ロンドンのおすすめツアー