海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > ヨーロッパ > スペイン > マドリード > 観光スポット > エンカルナシオン修道院

スペインエンカルナシオン修道院Convento de la Encarnación

マドリードイメージ

1611年にフェリペ3世の妃マルガリータ・デ・アウストリアが創建。王家の女性が修道尼となって暮らしていたため、歴代の国王から絵画や彫刻などが贈られ、なかでも17世紀マドリード派絵画のコレクションは見事だ。納骨堂には1500点もの聖遺物が展示されているが、特に注目すべきは3世紀の殉教者、聖パンタレオンの血。この凝血は年に一度液化するといわれており、毎年7月27日に起きる奇跡を見るため人々が集まる。

住所
Pl. de la Encarnación 1
交通アクセス
【地下鉄】2/5/Rオペラ駅から徒歩5分
TEL
914-548-700※現地の電話番号になります。日本からおかけの場合は、
スペインへの電話のかけ方をご参照ください。
開館時間
火~土:10:00~14:00、16:00~18:30
日・祝:10:00~15:00 ※入場は閉館45分前まで。
所要時間
見学はスペイン語のガイドツアーで所要約45分
定休日
月、1/1・6、聖週間の水~土、5/1・15、7/27、11/9、12/24・25・31
料金
€6

地球の歩き方からのオススメ情報

マドリードのおすすめホテル

マドリード の海外航空券

マドリードのおすすめツアー