海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > ヨーロッパ > イタリア > ローマ > 観光スポット > カンポ・デイ・フィオーリ広場

イタリアカンポ・デイ・フィオーリ広場Campo de'Fiori

ローマイメージ

カンポ・デイ・フィオーリ(=花の野)の名前どおり、かつては花が一面に咲く野原だっとたいう。その後15世紀に法王庁がヴァティカンに移ると、巡礼者の通り道となり、急速に発展していった。
今もなお古い家並みに囲まれ、独特の雰囲気のある広場で、日曜祝日を除く毎日午前中ににぎやかな市場(メルカート)の立つことでも有名だ。華やかな色の花、色鮮やかな野菜、肉、魚などの屋台が所狭しと並び、売る人買う人の活気があふれている。
にぎやかな市場もかつては処刑場で、広場の中央には、1600年2月17日に異端の罪でここで火あぶりの刑に処せられた哲学者ジョルダーノ・ブルーノの像(1887年建立)がある。

住所
Piazza Campo dei Fiori
交通アクセス
テルミニ駅からは急行バス40番でトッレ・アルジェンティーナ広場下車。
64番のバスなら、トッレ・アルジェンティーナ広場次の停留所で下車し、道を渡って小ファルネジーナ宮の前の道を抜けるとすぐ。

地球の歩き方からのオススメ情報

カンポ・デイ・フィオーリ広場の口コミ

楽しい市場です

評価 ★★★★☆

アンチョビやチーズ、生ハムなどいろんなイタリアの食材にはじまって、...

続きを見る

カンポ・デイ・フィオーリ広場の口コミ一覧

ローマのおすすめホテル

ローマ の海外航空券

あなたにおすすめの記事

ローマの現地ツアー