海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > アジア > シンガポール > シンガポール > 観光スポット > シアン・ホッケン寺院

シンガポールシアン・ホッケン寺院Thian Hock Keng Temple

シンガポールイメージ

1841年、中国福建省出身の華人たちが、中国から神像や彫刻を運び、建てたという道教寺院。寺院内には船乗りを守る天后が祀られている。シアン・ホッケン寺院の面するテロック・アヤ・ストリートは、昔の海岸通りで、この寺ができた頃、船乗りたちはここで航海の安全を祈り船出していったという。
どことなく、しっとりと落ち着いた感じのする寺院内は、今も1日中線香の煙がたちこめ、一心に拝む中国系の人の姿が絶えない。この寺院は人々の心のよりどころとして180年近くの間、存在し続けている。そんな歴史の重みを感じることができる。

住所
158 Telok Ayer St.
交通アクセス
MRTテロック・エア駅から徒歩約3分、チャイナタウン駅から徒歩約12分
TEL
6423-4616※現地の電話番号になります。日本からおかけの場合は、
シンガポールへの電話のかけ方をご参照ください。
開館時間
7:30~17:30
定休日
無休
料金
無料

地球の歩き方からのオススメ情報

シアン・ホッケン寺院の口コミ

道教の寺院

評価 ★★★☆☆

テロック・エア駅の近くにありますが、チャイナタウンからはMRTで1駅で...

続きを見る

シアン・ホッケン寺院の口コミ一覧

シンガポールのおすすめホテル

シンガポール の海外航空券

シンガポールのおすすめツアー

シンガポールの現地ツアー