海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > アジア > フィリピン > ビザ・パスポート・入出国

フィリピンフィリピンのビザ・パスポート・入出国

フィリピン 地球の歩き方がフィリピンのビザ・税関・検疫・予防接種などをご案内。フィリピンへ渡航する際、ビザが必要か不要か、ビザの種類や申請方法、パスポートの残存有効期間についてなど、渡航する際の注意事項や、入出国に関するお役立ち情報満載です。

地球の歩き方からのオススメ情報




入出国とビザ

【ビザ】30日間以内の滞在ならビザは不要。31日以上の滞在を希望する場合、59日間有効のツーリストビザを日本のフィリピン大使館や総領事館で取得できる。また、現地で滞在延長手続きをすることもでき、1回目は29日間まで延長できる。

【パスポート】フィリピン出国日まで有効であることが条件。

税関

アルコールはレギュラーサイズ(1L)2本まで、たばこは紙巻きたばこ400本、葉巻50本、パイプ用たばこ250gまで無税で持ち込める。フィリピン・ペソの持ち込み、持ち出しはP5万まで。外貨は、US$1万以上は要申告。なお、銃火器類、麻薬類、ワイセツ物、偽ブランド品等の持ち込み、持ち出しは厳禁。

【電子たばこの持ち込み】
2018年8月現時点では持ち込みに規制はない。

予防接種

日本出発の場合は不要。

入国手順

【マニラでの入国手続き】
 航空会社によって到着ターミナルが異なるが、いずれも基本的に手続きは同じ。まず、飛行機を降りて空港ターミナルに入ったら、到着Arrivalあるいは入国Immigrationの表示に従って進むと入国審査Passport Controlのポイントがある。機内で渡された入国カードと税関申告書に必要事項を記入し、パスポートと一緒にカウンターで手渡す。旅の目的や滞在日数など質問されることもあるが、ほとんどの場合は何も聞かれずにパスポートに入国スタンプを押してもらえる。これで、審査完了。
 次に手荷物が出てくるターンテーブルへと進み、自分の荷物をピックアップしたら、税関Customsへと向かう。免税範囲内であれば、「申告なしNothing to Declare」のランプがついているゲートを通過し、そのまま出口へと進む。到着ロビーを出ると、タクシー乗り場があるので、迎えがない人はそれに乗って市内へと向かう。

【日本からマニラを経由して各都市へ移動する場合】
 マニラに到着し、そのまま同ターミナル発着の国内線で移動する人は、入国審査→ターンテーブルで荷物をピックアップ→税関→出口の順で進み、出口付近のエスカレーターで3階の国内線出発エリアへ。荷物検査→チェックイン→荷物検査の順で進み、搭乗ゲートへ向かおう。なお、日本でチェックインの際にマニラから各都市への搭乗券をもらっている場合は、再度チェックインの必要はないので、そのままゲートへ向かえばよい。
 別のターミナル発着の航空会社に乗り継ぐ場合は、各ターミナル間を結ぶシャトルバスまたはタクシーを利用する。ちなみに、フィリピン航空の国際線からフィリピン航空の国内線に乗り継ぐ場合、無料バスが用意されているのでぜひ利用しよう。

【セブでの入国手続き】
 日本からセブへの直行便を利用した場合、マクタン島にあるマクタン・セブ国際空港に到着する。国際線と国内線が一緒になっている小さな空港なので、シンプルでわかりやすい(新国際線ターミナルが2018年に開業予定)。入国の手続きはマニラと同じ。到着ロビ−にはホテルのカウンタ−やツア−の案内所などもあるので利用するといい。

入国カード

入国カード
↑入国カード記入例
入国カード
↑2017年9月現在、健康問診カードは廃止されている。状況は流動的なので、最新情報を確認のこと。
入国カード
↑税関申告書記入例

入国カード等の書き方

入国カード記入例
(1)名字
(2)名前
(3)ミドルネーム(ある場合)
(4)電話(携帯)番号またはeメールアドレス
(5)パスポート番号
(6)出発国
(7)居住国
(8)職業(左下※6参照)
(9)フライト番号
(10)訪問目的(どれかひとつにチェックする)
・PLEASURE/VACATION=観光、休暇
・FRIEND/RELATIVES=友人、親戚訪問
・CONVENTION/CONFERENCE=会議、展示会
・EDUCATION/TRAINING=就学、就業訓練、資格取得
・OFFICIAL MISSION=外交
・HEALTH/MEDICAL=健康・医療
・OVERSEAS FILIPINO WORKER ※フィリピン人にのみ適用
・RETURNING RESIDENT ※フィリピン人にのみ適用
・WORK/EMPLOYMENT=就業、雇用
・BUSINESS/PROFESSIONAL=商用、ビジネス
・RELIGION/PILGRIMAGE=宗教関連
・OTHERS=そのほか
(11)署名(パスポートと同じもの)

出国にあたって

【フィリピンからの出国】

【マニラから】
 利用航空会社によって出国するターミナルが違うので事前にしっかり確認しておく必要がある。空港に着いたら、国際線出発エリアへ行き、各航空会社のチェックインカウンターで搭乗手続きをしよう。チェックインをしたら、出国Departureのサインに向かって進んでいくと出国審査のスポットがあるので、そこでパスポートと搭乗券を見せ、パスポートにスタンプを押してもらう。あとは手荷物検査を受け、搭乗ゲートに入るだけだ。免税店やカフェ、マッサージ店などもあるので、搭乗時刻までのんびりと過ごそう。

【各都市からマニラ経由で日本へ帰国する場合】
 国内各都市から一部のフィリピン航空国内線(PALエクスプレス運航便を含む)を利用してマニラに行くと、T2(1階)の国内線到着エリアに到着する(T3を利用する便もあるので注意)。そのままフィリピン航空に乗り継いで日本へ帰国する人は、ターンテーブルで荷物をピックアップして出口へ向かう。出口付近にはエスカレーターがあるので、3階の国際線出発エリアへ行きチェックインの手続きを済ませる。出国のサインに向かって進み、出国審査を受ける。あとは指定ゲートで搭乗を待てばいいだけだ。
 各都市からセブ・パシフィックまたはフィリピン航空国内線(PALエクスプレス運航便)を利用した場合はT3の国内線到着エリアに着く。全日空やセブ・パシフィックの国際線に乗り継いで帰国する場合は、そのままターミナル内の国際線出発エリアへ移動すればいい。ただし、それ以外は違うターミナルへ移動しなくてはならないので注意を。

【セブから】
 出国の手続きは、基本的にマニラと同じ。チェックイン後、出国審査を受けて、ゲートへと向かう。

旅の準備/旅の準備と手続き

知っているようでいざというときに慌てがちな旅の準備と手続き。
パスポートの申請、ビザについて、海外旅行でのお金について、などを解説します。

■パスポート申請時に必要な書類
■パスポート申請時の注意点
■受領と切り替え申請について
■パスポート(旅券)を紛失、盗難、焼失したときは
■海外旅行中のスマホ利用 これだけ知っておけばOK

フィリピン の海外航空券

フィリピンのツアー最安値

フィリピンの現地ツアー

フィリピンのおすすめホテル

地球の歩き方 お金ガイド

コラムイメージ
海外旅行の準備をする時に知っておきたい「旅のお金」について徹底ガイド!
旅に必要な予算やお金の持って行き方、お得な両替方法など、旅行準備に役立つテーマを集めました。
■海外旅行に使える!お得な外貨両替術
■海外 のお金情報・お金事情

アジアにもどる