海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 地球の歩き方ガイドブック > 電子書籍 > ガイドブック D アジア > 地球の歩き方 D27 フィリピン 2019-2020 【分冊】 2 マニラ近郊とルソン島

電子書籍

地球の歩き方 D27 フィリピン 2019-2020 【分冊】 2 マニラ近郊とルソン島

電子版希望小売価格:¥ 700
配信開始月:2019年01月
ページ数:約119ページ

ルソン島はマニラを中心にマニラ近郊、北部、南部に分けられる。それぞれ、避暑地、高原・棚田、変化に富む自然が見どころだ。

ルソン島は、政治・経済・文化の発信地マニラを中心に、マニラ近郊、北部、南部に大きく分けることができる。
マニラ近郊には、まだまだ知られざるリゾートが点在する。マニラから車で2~3時間のエリアには、避暑地として人気の町や村が多い。とりわけ緑あふれる高原が広がるタガイタイをはじめ、素朴なビーチリゾートが点在するカラバルソンなどは人気がある。急流下りで知られるパグサンハンがあるのもこのエリア。
ルソン島北部はこの国で最も山深いエリア。その中央のコルディレラ地方には標高1000m級の高原が連なり、避暑地として知られる“夏の首都”のバギオ、空へそびえるように棚田が広がるバナウェなど、緑あふれる山々が多彩な表情を見せる。また、ビガンには、スペイン時代の面影が色濃く残る世界遺産がある。
一方、この島の南部は、日本人で訪れる人はあまりいないが、変化に富んだ半島や火山、湖が多く、豊かな自然が息づいている。マヨン火山はフィリピンのシンボルでもあり、富士山のようにそびえ立つ姿が雄大だ。田舎の風景が多く残っている地域でもある。サーフィンのメッカとして知られるカタンドゥアネス島、ジンベエザメが見られるドンソルがある。


●本書に掲載されているおもな都市・島・観光地
【ルソン】マニラ近郊/パグサンハン、バタンガス、アニラオ、タガイタイ、カラバルソン、コレヒドール島、サン・フェルナンド(パンパンガ)、アンヘレス(クラーク)、バランガ、スービック、プエルト・ガレラ、ルソン島北部/バギオ、バナウェ、ボントック、サガダ、ハンドレッド・アイランズ、サン・フェルナンド、サン・フアン、ビガン、ラワグ、トゥゲガラオ、ルソン島南部/レガスピ、ナガ、タバコ、カタンドゥアネス島

以下でご購入いただけます

※上記各サイトに遷移後、適切な商品が掲載されない場合がございます。この場合は、各ストアの検索欄に書名を入力・検索いただくと、ご希望の商品が表示される場合があります。

おことわりとお知らせ(必ずお読みください) ※「価格」とは当社が希望する小売価格を示しています。
販売しているサイト(店舗)や日時によって、提示額が異なることがあります。
また店舗独自のバーゲンやポイント等のプロモーションについては当社は一切関与していません。

おすすめの記事