海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 地球の歩き方ガイドブック > シリーズ > 受験/教育 > 受験/教育 娘に「リケジョになりたい!」と言われたら 文系の親に知ってほしい理系女子の世界

受験/教育 娘に「リケジョになりたい!」と言われたら 文系の親に知ってほしい理系女子の世界

受験/教育  娘に「リケジョになりたい!」と言われたら 文系の親に知ってほしい理系女子の世界

秋田 直美:著
定価:本体1,400円+税
発行年月: 2014年11月
判型/造本:46並製
頁数:224
ISBN:978-4-478-04623-4

わが子をリケジュの道に進ませたい親御さんはもちろん、研究者を目指す女子学生の皆さんにも是非読んでいただきたい一冊です。

以下で購入する

受験/教育 娘に「リケジョになりたい!」と言われたら 文系の親に知ってほしい理系女子の世界の内容紹介

娘を『リケジョにするにはいくらかかる?』『数学嫌いでもリケジョになれる?』『リケジョに向かない性格とは?』『やっぱり大学は一流でなくてはダメ?』『リケジョはリケダンより就職率がいいって本当?』など、今、注目を集める“リケジョ”の世界を様々な角度からリアルに紹介。親御さんにぜひ読んで頂きたい一冊です。

受験/教育 娘に「リケジョになりたい!」と言われたら 文系の親に知ってほしい理系女子の世界の詳細

『数学が苦手だと理系はムリ?』
『学歴を大逆転できる裏ワザがあるって本当?』
『学士、修士、博士。最終学歴はどこまで必要?』
『就職活動の進め方って文系とはどう違うの?』
『研究者に向いているのはどんな性格?』…など、
本書では注目を集める“リケジョ”の世界を様々な角度からリアルに紹介。
「わが子をリケジュの道に進ませたい」と考えている親御さんはもちろん、
女性研究者を目指す学生さんにも、ぜひ読んでいただきたい一冊です。


第1章 リケジョを知るための基礎知識
―わが娘に知ってもらいたいリケジョの世界  

第2章 どうしたらリケジョになれるのか
―大学の選び方から博士号必要の有無まで

第3章 職場でのリケジョの日常
―働くリケジョの実像に迫る

第4章 リケジョに向くのはこんな人
―求められるのはタフな精神力

第5章 リケジョの苦手なこと、得意なこと
―リケジョの思考は男性脳に近い?

第6章 リケジョに関するQ&A
―さまざまな質問・疑問にお答えします

第7章 結婚後のリケジョ、独身を貫くリケジョ、それぞれの現在
―リケジョはお得なのか、損なのか

DATA 数字で見るリケジョの世界
―リケジョの現状を知る

<著者>
秋田直美(あきた・なおみ)
理系女子アドバオザー。
1978年、北海道札幌生まれ。1996年、北海道大学理学部入学。
2000年、同大学理学部卒業。2002年、北海道大学理学研究科修士課程修了(修士号取得)。
同年、大手化学メーカーに入社。2011年、同社を退職。退職後、夫の転勤に伴い秋田県へ。
秋田県で小学校英語ボランティア、家庭教師をしながら主婦生活を送っている。
2012年1月に長男出産。同年10月から親子英語サークル(English with Baby)を立ち上げ、主宰者として活動中。

以下で購入する