海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > お金ガイド > お金情報・お金事情 > スイス > お金の持って行き方「基本知識」

スイスの基本知識

 スイスの通貨はスイスフラン(CHF/SFr)。補助単位は主にフランス語圏ではサンチーム(Ct)、ドイツ語圏ではラッペン(Rp)と呼ばれている。またイタリア語圏ではチェンテージミと呼ぶこともある。1スイスフラン=100サンチーム。現地で日本円をスイスフランに両替する場合は、空港や駅の両替所、銀行などを利用する。基本的に、日本より現地で両替するほうがレートはいい。ただし、空港の両替所は手数料がかなり高い。飛行機で到着する場合、ある程度の行動費を出発前にスイスフランに両替して持って行く方が得だといえる。駅の両替所はたいてい銀行と同じレートで、手数料がかからないのでおすすめ。大手のホテルでは多くの場合、両替サービスを行っているが、手数料は高め。

 旅行後にたくさんのスイスフランが余ってしまったりすると、結局円とスイスフランの往復両替で手数料のロスになったりするので、現金やクレジットカード、トラベルプリペイドカードなどを組み合わせて使うのがベスト。

※本文は2019年9月現在の情報です。(一部注釈のあるものを除く)



手数料が銀行の15分の1!全通貨が一律20銭!

コラムイメージ

知ってる?外貨両替のお得な裏ワザ

海外旅行するなら必見!
ドルやユーロなど外貨両替でかかる手数料を安くする裏ワザを解説します。

海外5通貨対応、海外プリペイドカードならマネパカード!

コラムイメージ

「FX口座からのチャージも対応!海外通貨のあらたなカタチ」

海外キャッシュカードは海外旅行先のATMで現地通貨を引き出すことができるだけですが、マネパカードはそれだけでなく、現地のマスターカードのマークのあるお店でお食事やお買物をすることができます。

}l[p[gi[Y FXJ݃Ly[

手数料比較シミュレーター

支払方法によって変わる手数料を比較して、お得な旅を計画しよう!

PLAY

編集部ブログ最新記事

地球の歩き方ガイドブック編集部

地球の歩き方ガイドブック編集部

地球の歩き方シリーズの新刊案内や発行スケジュール、編集部おすすめの本を一挙ご紹介 続きを読む

スイス特派員ブログ最新記事

新型コロナウイルス続報とベル…
20/03/30 01:30

スイス/ベルン特派員ブログ

新型コロナウイルス続報とベル…
在スイス日本国大使館の最新情報によると、新型コロナウイルスの感染者も死亡… 続きを読む

スイスの旅行記・口コミ「旅スケ」

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。