海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > お金ガイド > お金情報・お金事情 > アメリカ > お金の持って行き方「海外プリペイドカードについて」

アメリカの海外プリペイドカードについて

 海外プリペイドカード(トラベルプリペイドカード)は、前もってチャージ(入金)してから利用することができ、使い過ぎの心配がない。銀行口座を作る必要もないことから、万一盗難にあっても銀行口座の残高をすべて使い込まれてしまうこともない。作成時に本人確認はあるが、クレジットカードのような与信審査はない。

 出発前にATMやネットバンキングなどから入金し、両替とチャージをしておけば海外で引き出せる。旅行中に残高が少なくなったら、ネットバンキングを利用して入金、チャージをすることもできる。海外プリペイドカードは、多くの通貨で国内での外貨両替よりレートがよいのもひとつの特徴。なお、現地通貨引き出し時などにかかる各種手数料と、日本語サポートなどのサービスは各社異なるので、これらも確認しておきたい。

 現在海外プリペイドカードを扱っているのは、マネーパートナーズ(マネパカード)など。ウェブサイトからも申し込むことができ、最短1週間くらいで発行する会社もあるが、できれば2週間以上は余裕をもちたい。

※本文は2019年8月現在の情報です。(一部注釈のあるものを除く)



手数料が銀行の15分の1!全通貨が一律20銭!

コラムイメージ

知ってる?外貨両替のお得な裏ワザ

海外旅行するなら必見!
ドルやユーロなど外貨両替でかかる手数料を安くする裏ワザを解説します。

海外5通貨対応、海外プリペイドカードならマネパカード!

コラムイメージ

「FX口座からのチャージも対応!海外通貨のあらたなカタチ」

海外キャッシュカードは海外旅行先のATMで現地通貨を引き出すことができるだけですが、マネパカードはそれだけでなく、現地のマスターカードのマークのあるお店でお食事やお買物をすることができます。

}l[p[gi[Y FXJ݃Ly[

手数料比較シミュレーター

支払方法によって変わる手数料を比較して、お得な旅を計画しよう!

PLAY

編集部ブログ最新記事

地球の歩き方ガイドブック編集部

地球の歩き方ガイドブック編集部

地球の歩き方シリーズの新刊案内や発行スケジュール、編集部おすすめの本を一挙ご紹介 続きを読む

アメリカ特派員ブログ最新記事

SFO新型コロナウィルスの検査開始
20/01/19 03:33

アメリカ/サンフランシスコ特派員ブログ

SFO新型コロナウィルスの検査開始
春節を前に中国・武漢(Wuhan・UHW)で発生した新型コロナウィルスについて、… 続きを読む

アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。