海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > お金ガイド > お金情報・お金事情 > ヨーロッパ > お金の持って行き方「現金で持っていくか、それとも」

ヨーロッパへ現金で持っていくか、それとも

 短期の海外旅行や海外滞在では、資金は現金、クレジットカードなどの複数の方法で、用立てていくのが賢い方法だ。ほとんどの場所で利用できるのが現金だが、安全性の面ではカード類が勝る。

 ヨーロッパ、とくにフランス、ドイツ、イタリアといった観光大国はキャッシュレス化が非常に進んでおり、スーパーなどでのちょっとした買い物でもカードが利用できる。観光地ほどスリや置き引きが多いので、現金はチップや少額の買い物などに用いる分を持って歩くのが安全策。代わりにプラスティックマネーと呼ばれるクレジットカード類は、持っていないとホテルの予約ができない、レンタカーが借りられないなど、社会的な信用を得られない場合があるので必携だ。クレジットカードやトラベルプリペイドカードなどを上手く組み合わせて旅をしたい。例えば帰国間際のホテルでの支払いのときに、持っている現金をすべて出し、足りない分をクレジットカードで支払うことで、小銭を余らせないというテクニックを駆使する旅行者もいる(ただし、空港までの交通手段の費用は確保を)。

 カード類はクレジットカードを筆頭に、デビットカード(利用時に代金が利用者の口座から引き落とされる即時決済カード)やプリペイドカードなど、さまざまなものがある。またクレジットカードはICチップ付きのカードが主流だ。

 海外旅行の際のクレジットカードには、他にもメリットがいくつかある。例えばちょっと現金が足りなくなったときに手軽にキャッシングができることだ。VISAブランドのカードはPlusのマークのついたATMで、MasterCardブランドのカードはCirrusのマークのついたATMでキャッシングができる。年利18%前後と利息は低くはないが、現金を両替するよりもレートがいい場合が多い。さらに利息の支払いを最低限に抑えたかったら帰国後にカード会社に連絡し、一括で返済してしまえばたいへん安上がりだ。

 クレジットカード利用のメリットのひとつに、「海外旅行傷害保険」の付帯サービスもあげられる。このサービスがついたカードを持参していれば、ケガや入院など万が一のときに「海外旅行傷害保険」が付帯されるもの、旅行代金の決済が必要とするカードもある。病院にかかったときにカードで支払うか、領収書をもらっておけば帰国後にカード会社に医療費などを請求できる。事故の場合は警察に証明をもらっておくと、帰国後の保険金請求がスムーズだ。自分のカードに海外旅行傷害保険がついているかどうか、その条件や保険金額などを出発前にチェックしておこう。

※本文は2019年8月現在の情報です。(一部注釈のあるものを除く)

イメージ



手数料が銀行の15分の1!全通貨が一律20銭!

コラムイメージ

知ってる?外貨両替のお得な裏ワザ

海外旅行するなら必見!
ドルやユーロなど外貨両替でかかる手数料を安くする裏ワザを解説します。

海外5通貨対応、海外プリペイドカードならマネパカード!

コラムイメージ

「FX口座からのチャージも対応!海外通貨のあらたなカタチ」

海外キャッシュカードは海外旅行先のATMで現地通貨を引き出すことができるだけですが、マネパカードはそれだけでなく、現地のマスターカードのマークのあるお店でお食事やお買物をすることができます。

}l[p[gi[Y FXJ݃Ly[

手数料比較シミュレーター

支払方法によって変わる手数料を比較して、お得な旅を計画しよう!

PLAY

編集部ブログ最新記事

地球の歩き方ガイドブック編集部

地球の歩き方ガイドブック編集部

地球の歩き方シリーズの新刊案内や発行スケジュール、編集部おすすめの本を一挙ご紹介 続きを読む

ヨーロッパ特派員ブログ最新記事

年末年始のフランス旅行には『…
19/11/17 14:47

フランス/パリ特派員ブログ

年末年始のフランス旅行には『…
地球の歩き方シリーズの『aruco フランス 2020-21』が発売中です。『aruco』シ… 続きを読む

ヨーロッパの旅行記・口コミ「旅スケ」

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。