海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > お金ガイド > お金情報・お金事情 > ヨーロッパ > お金の持って行き方「クレジットカードについて」

ヨーロッパのクレジットカードについて

 今や海外旅行の際にクレジットカードは必須。多くの国ではクレジットカード決済が日本以上に一般的で、日用品のような少額の決済でも当たり前のようにクレジットカードを用いている。そのため、ほとんどの場所でクレジットカードを使うことができる。

 日本でクレジットカードを発行するのは銀行、信販会社、さらには航空会社、メーカーや流通企業など多種多様だ。しかしクレジットカードと位置づけられるカードには5大ブランドのVISA、Mastercard、JCB、ダイナース、アメリカンエキスプレスのいずれかがついており、そのブランドが提携している世界中の加盟店で利用できるので、どの企業が発行しているカードでも使い勝手に大きな差はない。ただし、加盟店数ではVISA、MasterCardの2大ブランドが圧倒的な汎用性を持っているので、海外にはVISAかMasterCardどちらかのブランドがついたカードを1枚は持っていくことをおすすめする。

 クレジットカードの支払いは分割払いやリボ払いなどいろいろな方法を選ぶことができるが、基本的に海外での利用は一括払いになるので、必要があれば事前にカード会社に申し込んでおくこと。

 また、海外でクレジットカードを利用した場合、加盟店が現地通貨建てで地元のカード会社(あるいは提携銀行など)に請求。そこから日本のカード会社に請求が上がり、そこで円換算して、カード所有者に請求が来る。そのため、請求額は必ずしもカードを使った日の為替レートで換算されるわけではない。また為替レートはクレジットカード会社によっても若干異なる。一般的にはTTMレート(仲値レート)に、数%の手数料を上乗せしたものがレートとされている。

 クレジットカードを紛失した場合は、すぐカード会社に連絡して、カードを無効化してもらおう。クレジットカードにはもともと盗難保険がかかっているので、現地で盗難届さえ出しておけば盗用されても支払いが免除される。とはいっても、なくしたら直ちに無効にするに越したことはない。クレジットカードを紛失した際に使用をストップするための連絡先は、日本のカード会社の紛失・盗難窓口が一番確実。電話番号は必ず控えておこう。ほとんどが24時間対応で受け付けてくれる。ただし、フリーダイヤルだと海外からはつながらないので、有料ダイヤルの電話番号を持っていくこと。


※本文は2019年8月現在の情報です。(一部注釈のあるものを除く)



手数料が銀行の15分の1!全通貨が一律20銭!

コラムイメージ

知ってる?外貨両替のお得な裏ワザ

海外旅行するなら必見!
ドルやユーロなど外貨両替でかかる手数料を安くする裏ワザを解説します。

海外5通貨対応、海外プリペイドカードならマネパカード!

コラムイメージ

「FX口座からのチャージも対応!海外通貨のあらたなカタチ」

海外キャッシュカードは海外旅行先のATMで現地通貨を引き出すことができるだけですが、マネパカードはそれだけでなく、現地のマスターカードのマークのあるお店でお食事やお買物をすることができます。

}l[p[gi[Y FXJ݃Ly[

手数料比較シミュレーター

支払方法によって変わる手数料を比較して、お得な旅を計画しよう!

PLAY

編集部ブログ最新記事

地球の歩き方ガイドブック編集部

地球の歩き方ガイドブック編集部

地球の歩き方シリーズの新刊案内や発行スケジュール、編集部おすすめの本を一挙ご紹介 続きを読む

ヨーロッパ特派員ブログ最新記事

11月14日、イベントのお知らせ
19/11/12 12:00

フランス/ボルドー特派員ブログ

11月14日、イベントのお知らせ
ボルドーと言えばボルドーワイン。ですが、ボルドーの人は色んなお酒に興味を… 続きを読む

ヨーロッパの旅行記・口コミ「旅スケ」

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。