輸入酒の値段が高い!高すぎる!

公開日 : 2012年08月08日
最終更新 :

インドネシアはイスラム教が圧倒的な数を占めており、そのせいでしょうか?

イスラム教はお酒が御法度なので、酒税がめっちゃ高い。

数年前は20万ルピア台で買えた輸入酒が今では三倍近くの価格で

高すぎて手が出ません。すごーく不満です。

ローカル酒を試してみていますが、安全性は大丈夫なのか、身を持って

自身でトライしています。味はまあまあだったこのドライジンは20万ルピアを

切る価格でした。こちらはサヌールのハーディーズスーパーでゲット。

120808-1.jpg

気をつけなかればならないのが、本当に地元の人が家庭で製造しているアラック。

数年前にニュースになりましたが、アルコールを増す為にメチルアルコールが

混在している場合もあるのだそうです。

戦後の闇酒でご承知かもしれませんが、飲んだ直後は普通の酒と同じく

酔うだけですが、その後中枢神経とかもやられて頭痛、めまいばかりか

呼吸困難になったり、高濃度のメチルを大量に摂取すると、意識混濁、昏睡

けいれん、急性呼吸不全、失明してしまいます。

それで亡くなった人が実際にいます。数年前のことですけどね。

低濃度の物を常習的に摂取しても、目が見えなくなったりするそうです。

怖いですね〜〜〜。

普通にスーパーで売られているお酒はまさか、許可がないってことは

あり得ない気がしますが、地元の人と仲良くなって地酒でも・・・なんて

時はちょっと注意が必要かもしれません。

我が家でもアラックは田舎の親戚が作ったものしか飲みません。

最近のニュースではメチルアルコールが原因で亡くなった方の

ニュースはないので、そこまで神経質になることはありませんが、

過去にそんなことがあったということは知っていて損はないかな〜

情報提供 by スカスカ・バリ

↓↓↓クリック応援お願いしまーす!

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。