芸術科学都市で科学映画の割引キャンペーン中

公開日 : 2013年05月04日
最終更新 :

バレンシア市自慢の芸術科学都市(Ciudad de las Artes y las Ciencias)で、一番最初にオープンした

エミスフェリック(Hemisferic)が15周年を迎えました。地元出身の世界的に有名な建築家、サンティアゴ・

カラトラバがデザインしたこの巨大な目のような建物は、主に科学技術をテーマにした3D映画のシアターとして

使われています。下の写真の目玉のちょうど黒目に当たる部分上部の内側が900m2の巨大スクリーンに

なっているので、ここで観る3D映画は迫力満点です。この15年間に訪れた人の数は、なんと700万人!

DSCF4136.jpg

エミスフェリックでは15周年を記念して、6月16日までの土曜、日曜日は5ユーロキャンペーンを実施中。

通常大人8.80ユーロ、子供6.85ユーロのところ、5ユーロで映画を観ることができます。

現在は、『火祭り(Historia de una falla)』、『シーモンスター・大海の巨大生物(Sea Monsters・

Gigantes del Oceano』、『ナイルの神秘(El Misterio del Nilo)』、そして子供向けアニメの2本立て

『亀の冒険・星の王子様(Tortugas・El Principito)』の4作品を上映中です。

チケットのご予約は、こちらから。科学博物館や水族館にも入場できるチケットもその分いつもより安く

販売されていますので、この機会にバブルの産物(苦笑)芸術科学都市を訪れてみませんか?

筆者

スペイン特派員

田川 敬子

東京生まれの東京育ち。オリーブオイル専門家としてスペインと日本で活動するほか、複数のウェブサイトにスペイン情報を寄稿。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。