コロナ禍、淋しかった話

公開日 : 2022年03月18日
最終更新 :
筆者 : Chisato

Tere!(エストニア語で「こんにちは」の意)

おととし2020年3月、昨年2021年3月はいずれもエストニアでロックダウンがあり、今年2022年はようやくロックダウンのない3月が訪れました。これまでのロックダウンの間、一生懸命働いてくださる医療関係者の方々や社会インフラを支えてくださる方々と比べれば「ただ家にいる」「ただ人と会わない」「できる限り外出しない」なんていうことは何でもないと頭ではわかっているのに、誰かと比べないでその時の自分の気持ちを今そのまま表現すれば、ただただ淋しかったです(たくさんテレビ電話したり(←今どきはなんて表現するの?)zoom飲みをしてみたりしても、直接会って話してゲラゲラ笑い合うのと全然違うのですよね。むしろ心にぽっかり穴が空いたような気持ちになりました)。

そんな中、あてどなく散歩する中で一番気持ちを明るくしてくれたのは「窓際に置いてもらえるぬいぐるみ」でした。日本でも話題になったのでご記憶の方も多いと思います。エストニアでも私のような人間のためにぬいぐるみを外側に向けて置いてくれる人たちが現れ、ぬいぐるみにはメッセージが添えられていることもありました。エストニア語の走り書きのメッセージなのでなんと書いてあるのか1つもわかりませんでしたが、どれも「大丈夫!」とか「あなたを支えたいと思っている」という意味なんだろうなと思いとても感謝しました。

そしてもう1つは「顔に見えるようなもの」でした。淋しくて淋しくて壊れていたんだと思います...。ほとんど人が出歩いていなくてお店も閉まっている中、偶然顔に見えるものがパッと目に入るたびちょっと安心しました。特にこちら↓↓↓

IMG_7113.jpg

愛嬌まであるように感じて、会えるたび(×会えるたび ○見るたび)嬉しかったです。

今コロナ禍で、もしくは他のことで淋しい人がいたら「淋しいよね」ということをお伝えしたいと思います。自分以外に少なくとももう1人淋しいと思っている人がいて、その人はあなたに共感しているというのを知ってもらえたら嬉しいです。

またここでお会いしましょう!早くコロナがおさまって以前のように気持ちよく旅行に行けるようになりますように。

筆者

エストニア特派員

Chisato

エストニアのいいところ、エストニアならではのこと、日本とエストニアの似ているところ、違うところなどをご紹介したいと思っています。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。