【韓国・ソウル】蘆原クラフトビールフェスティバルへ行ってきました。

公開日 : 2023年06月04日
最終更新 :
筆者 : miney

アニョハセヨ!韓国特派員のmineyです。

韓国では6月1日からコロナウイルスに感染しても隔離の義務はなくなり、勧告に移行されました。
隔離義務はなくなりましたが、まだコロナウイルスに感染する人が多いですので、体調管理に気を付けて過ごしたほうがよいでしょう。

さて、ソウルの気候はどんどん夏に近づき、日中は夏のような暑さで、ビールが美味しく感じられる季節です。
6月2日~3日開催の蘆原クラフトビールフェスティバルに行ってきました。

会場は地下鉄6号線 花郎台駅から徒歩15分ほどの鉄道公園一帯。数年前からクラフトビールの醸造所などが準備していたとあり、会場はクラフトビールのブース、フードトラック、公演会場などとても賑わっていました。韓国の18のブルワリーが一堂に会し、150種類ものクラフトビールが楽しめるとあって、多くの人が集まっていました。

まずクラフトビールを購入するために身分証明書を見せ、成人であることを証明し、腕にタグを取り付けます。

ビールを購入するのに列に並び、ドキドキしながら順番を待ちました。

私が購入したクラフトビールは南楊州にあるエイトピープルブルワリーのHop Shaka Lakaスユ Pale Aleです。Hop Shaka Lakaは2023年大韓民国酒類大賞のクラフトビール部門で大賞を受賞したビールで、とても深みのあるクラフトビールらしい味でした。スユ Pale Aleはドライな感じの美味しいビールでした。

タンブラーで注文すると、ライト付きのボトルに入れられ、お祭りらしいビールです。

金曜日はダイナミックデュオという人気のミュージシャンが登場し、会場はとても盛り上がっていました。

ビールだけでなくハンドメイドのショップ販売もあり、ショッピングも楽しめます。今回初開催のイベントでアフターコロナとあり、大混雑でしたが、また来年も開催されればいいなと思います。

筆者

韓国特派員

miney

ソウルの最新スポットやグルメ、生活情報などを中心にお届けします。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。