エストニアにも日本からの観光客が、そして旅人が✨

公開日 : 2023年08月16日
最終更新 :
筆者 : Chisato

Tere!(エストニア語で「こんにちは」の意)

2023年の夏ももうまもなく終わろうとしていますね。皆さまはこの夏をどのように過ごされましたか?

私は体調があまりよくなかったので、ときどきエストニアの首都タリンにある世界遺産「旧市街」を散歩したり、日本から来た友だちの友だちにタリンを案内したり、のんびりとした夏を過ごしました。

旧市街は今やコロナ禍をすっかり忘れたのか、ツアーや個人旅行の方々がたくさんいらしていて、日本をはじめアメリカ、ヨーロッパ各地からタリンへ訪れてくださった人たちからいろんな話を聞くことができました。

日本からいらした方々はお隣フィンランドから海を渡ってきていたり、リトアニアから入ってバルト三国を北上してきていたり、中には世界一周中の方もいらっしゃいました。アメリカからの御一行は客船で、ヨーロッパからの方々は仕事ついでの方やツアーの方が多かったです。

せっかくの出会いなので、時間があった方には観光エリア外にお連れしたり、スーパーを案内したり、我が家に寄ってもらったりしまして、コロナ禍前の日常を思い出させていただきました^ ^やっぱり旅って偶然が一番輝きますね。

このブログを読んでくださっている皆さまもおそらく旅好きでしょうから、エストニアでなくてもぜひ旅をご検討ください^ ^きっと想像だにしない偶然があなたを待っていると思います。

ぜひ旅を。たくさんの偶然を。

筆者

エストニア特派員

Chisato

エストニアのいいところ、エストニアならではのこと、日本とエストニアの似ているところ、違うところなどをご紹介したいと思っています。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。