147. 展示も内装も見る価値あり!ユダヤ人ゆかりの建物を利用したサマルカンド州立郷土史博物館

公開日 : 2024年06月05日
最終更新 :

サローム(こんにちは)!

サマルカンドの博物館といえば、まず挙げられるのがアフラシアブ博物館(117. アフラシアブの丘&アフラシアブ博物館 ソグド人が活躍した古代サマルカンドの痕跡がここに)。ただこちらは主に遺跡の出土品を展示している博物館で、サマルカンドやウズベキスタンの歴史や文化について広く知りたいと思っている方にとっては少し物足りないかもしれません。そこでおすすめしたいのが、旧市街から少し離れたロシア人街にあるサマルカンド州立郷土史博物館です。以前紹介した帝政ロシア時代に造られた浴場、第1ハマム(114. サマルカンドでハマム!サウナ!地元の人でにぎわうローカルな公衆浴場で汗を流そう)からすぐ近く。

サマルカンド州立郷土史博物館 入口

このエリアの他の建築物同様、帝政ロシア時代の20世紀初頭に建てられたこの建物。郷土史博物館とはなかなか堅苦しい名前ですが、展示内容は多岐にわたっており、目を引く展示物が必ずあるはず。
まず中庭に入ると、人の背丈ほどもある巨大な大砲が置かれています。この大砲、いつ誰が使っていたかは不明ながら、18世紀にここを統治していたイランの王のものだったという伝説があるそう。

サマルカンド州立郷土史博物館 大砲

その近くには、歴史を感じる錆びた車が。実はこれはトラクターで、やはり詳細は不明ながら、ロシアから中央アジアに持ち込まれた最初のトラクターというエピソードがあるとのこと。もし本当ならこれは伝説のトラクターということになります。

サマルカンド州立郷土史博物館 トラクター

まずは中央の建物に入ってみましょう。1階は主に石器時代から始まる歴史、そして文化に関する展示。ウズベク語とロシア語の説明が中心ですが、英語の説明が付け加えられた展示もあります。タイミングが良ければ、別料金で英語ガイドを手配することも可能です。

サマルカンド州立郷土史博物館 遺跡の出土品
サマルカンド周辺のソグド人遺跡から発掘された出土品たち
サマルカンド州立郷土史博物館 伝統家屋再現スペース
サマルカンドの伝統家屋の部屋をそっくりそのまま再現したスペース。巨大なスザニが壮観!

サマルカンドのかつての姿を鮮明に写した、100年以上前の貴重な写真もここで見ることができます。街並みも人々の出で立ちも、私たちが持っている中央アジアのイメージそのまま。叶うことならこの時代にタイムスリップしてみたいものですね...。

2階は自然科学に関する展示。やたらリアルな動物のはく製や、この地域で採れる鉱物の展示などが目を引きます。

サマルカンド州立郷土史博物館 動物の剥製

そしてこの博物館最大の目玉が、中庭右側にある建物。中に入ると、いかにもお金持ちの邸宅といった豪華な内装が現れ、あらゆる色で彩られたペチカ(ロシア風暖炉)や重厚なアンティーク家具に目を惹かれます。

サマルカンド州立郷土史博物館 旧ユダヤ人邸宅

そしてこんな看板も。これを見てピンとくる方もいらっしゃるでしょう、実はこの建物はかつてユダヤ人商人の家で、帝政ロシア時代の1901年にイタリア人建築家が建てたものだったのです。
イスラム圏の国だけに意外に思われるかもしれませんが、ウズベキスタンには古くからユダヤ人が多く住み、サマルカンドにも2つのシナゴーグがあります。(120. 貴重なサマルカンドのユダヤ文化に触れる。旧市街ど真ん中のシナゴーグとユダヤ人居住区へ)。いつの時代も、この国ではユダヤ人たちがムスリムと共生して暮らしてきたのです。

サマルカンド州立郷土史博物館 旧ユダヤ人邸宅

この貴重な建物は世界ユダヤ人会議なる組織の援助が入っているようで、ちょっと展示に物足りなさを感じるこの国の博物館には珍しく文字・写真資料が豊富。サマルカンドの近現代史をしっかり学ぶことができます。

サマルカンド州立郷土史博物館 旧ユダヤ人邸宅
帝政ロシア期にサマルカンドで発行された新聞

この建物で一番広い部屋に入ると、誰もが圧倒されるはず。ここは壁から天井まで見事な装飾が施され、荘厳なステンドグラスまではめられた大広間なのです。ぜひ部屋の隅々まで観察し、心ゆくまでその美しさを堪能してください。

サマルカンド州立郷土史博物館 旧ユダヤ人邸宅
サマルカンド州立郷土史博物館 旧ユダヤ人邸宅
2階からの大広間の眺め
サマルカンド州立郷土史博物館 旧ユダヤ人邸宅
ロシア帝国の紋章の中にユダヤのシンボル六芒星が描かれている

サマルカンド旧市街とは趣が違い、レトロでメルヘンチックな建物が建ち並ぶロシア人街。ご紹介した郷土史博物館はガイドブック『地球の歩き方』にも載っている、このエリア最大の見所といってもいいでしょう。定番のイスラム建築を見終わって時間が余ったら、次の記事でご紹介する教会群とともにぜひ訪れてみてください。

それではコルシュグンチャ・ハイル(また会う日まで)!

■サマルカンド州立郷土史博物館 Samarqand viloyat oʻlkashunoslik muzeyi

住所
51 Abdurahmon Jomiy ko'chasi, Samarqand
電話番号
+998-66-233-0352
営業時間
09:00~17:00(予告なく変更となる可能性あり)
入場料
2万5000スム(予告なく変更となる可能性あり)
アクセス
サマルカンド駅とレギスタン広場前を結ぶ73番バスなどが停まるBirinchi hammomバス停から北へ徒歩1分

筆者

ウズベキスタン特派員

伊藤 卓巳

根っからのスタン系大好き人間です。まだまだ知られていないウズベキスタンの魅力や情報を、サマルカンドより愛をこめてお伝えします!

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。