南極における鳥インフルエンザ感染について

公開日 : 2024年03月29日
最終更新 :

BBCニュース(2024.3)によると、南極で鳥インフルエンザに感染されたペンギン発生、との報道がありました。
今までも数年前より、すでにジェンツーペンギンなどに鳥インフル感染が確認されたとのニュースを聞いていました。どうやらこの数か月、鳥インフル(H5N1)が世界各地で蔓延しているそうです。
更に、サウスジョージア島では、10羽のペンギンに鳥インフルエンザの感染が確認されたとのニュースもありました。サウスジョージア島は、キングペンギンの一大営巣地があります。亜南極の島では、繁殖シーズも終わり、その他への影響は少ないだろうと研究者たちは、みているようです。観光客は上陸活動の際に、厳格なルールに従った上での野生動物見学が遵守されています。
地球上で一番澄みわたった大地にまで属世界の感染が蔓延していくことが、これ以上おこらないことを願っています。

筆者

南極・北極特派員

KTペンギン

2000年より極地へ放浪。地球の極に惹きつけられる人たちの人脈や冒険家とのコネクションが強み。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。