東南アジアの国々でチョコレートを食べ歩き!各国のいち押しもご紹介

公開日 : 2024年05月27日
最終更新 :

執筆者:朝比奈千鶴
2017年、教育と平和構築分野の専門家としてアイ・シー・ネットに入社。2021年から学研教室を海外展開する事業に従事。トルコに住むシリア難民支援の案件や、ルーマニアに住むウクライナ難民の子どもたちが学研教室の教材を使って学習するための支援に携わった。アフリカとチョコレートをこよなく愛し、将来はアフリカにチョコレート工場、最終的にはチョコレートの街をつくる野望を持つ。

カカオというとアフリカや南米を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、実は東南アジアでも生産されています。今回は、ミャンマー、ラオス、マレーシア、ベトナムで出合ったチョコレートやチョコレート屋をご紹介します。

カカオベルトと生産国

カカオベルト
カカオベルト

「カカオベルト」という言葉があるのをご存じでしょうか。日本では残念ながら生産がなかなか難しいカカオは、赤道を挟んで南緯20度から北緯20度の地域を指します。ただ、この地域であればどこでも育つのではなく、カカオの最適な生育条件というものがあり、実際にカカオが生産されるのはカカオベルトに当てはまる地域の中でも、生育条件に適合している国になるのです。

東南アジア地域では、インドネシア、ベトナム、フィリピンなどで生産されています。アフリカや南米に比べると、東南アジアのカカオはあまり有名ではないかもしれませんが、実はインドネシアは世界のカカオ豆の収穫量の約2割を占めていた記録もあるんです。今回は、ミャンマー、ラオス、マレーシア、ベトナムの4ヵ国で食べ歩いたチョコレートをご紹介します。

1. ミャンマー

ミャンマーでは、カカオが生産されていることはあまり知られていません。オフィスの現地スタッフにおいしいチョコレートを知っているかと聞いたら、「カカオが採れないから、私たちはあまりチョコレートを食べないわ」と言っていました。確かに、ショッピングモールなどでも外国から入ってきたドーナツ屋やスイーツのお店が多く、なかなかミャンマーのチョコレートが見つけられませんでした。

アナンダ・チョコレート(表裏)
アナンダ・チョコレート(表裏)

そんななか、おみやげを買おうとスーパーに入ったら、お菓子売り場に「メイド・イン・ミャンマー」のチョコレートを見つけたのです。その名は「アナンダ・チョコレート(Ananda Chocolate)」。しかも、「ビーン・トゥ・バー」のチョコレート。

あまり期待していなかったのに、食べてみるとこれもまたいい意味で裏切られたと思うほど、おいしいのです。筆者が購入したのはミルクチョコレートですが、普段日本で食べるミルクチョコレートよりも少しビターな感じがしました。原材料を見てみると、やはり、カカオが45%。普通の日本のブラックの板チョコが50%なので、甘いものが苦手な人でも抵抗なく食べられると思います。さらに、原材料には「努力と情熱 (a lot of work and passion)」という記載もあり、生産者の方たちの強い思いが伝わってきます。

アナンダ・チョコレート(Ananda Chocolate)

2. ラオス

現地の店の外観
現地の店の外観

カカオベルトの地域には該当するラオスですが、実際にはあまり栽培されていません。チョコレートのお店も首都ビエンチャンですら見かけず、ちょっとおしゃれなカフェにチョコレートケーキがあるくらいです。

ブラウニー
ブラウニー

そんななか、同僚とランチを食べた近所の何の変哲もない現地のレストランのレジの近くに、ぽんと置かれていた黒い物体が目に留まりました。商品名は「ブラウニー」。私が知ってるブラウニーとは違うな、と思いつつもチョコレートを見たからには買わないと気が収まらない筆者。見た目が蒸しパンのようなブラウニーを食べてみると、意外と濃厚。たまにナッツが顔を出し、またいい感じの食感を与えてくれます。見た目で判断してはいけないことを学びました。

3. マレーシア

そこまで多くはないですがカカオの生産もされているマレーシアでは、チョコレートのお店も充実しています。おしゃれなチョコレートのおみやげ屋やチョコレートのカフェもあります。

ベリーズのお店の外観
ベリーズのお店の外観

マレーシアでチョコレートに困ることはありません。その中でも、日本で有名なのはベリーズ(Beryl‘s)ではないでしょうか。アーモンドチョコや板チョコ、おみやげ用にクアラルンプールのペトロナスタワーの絵が入った缶のチョコレートなど種類も豊富です。チャイナタウンにあるベリーズのお店は、カフェと併設されていて外観も映えます。ただ、筆者が行った時間はカフェが開いておらず、食べられなかったのが残念です。次回こそ、行ってみたいと思います。そして、何とベリーズのチョコレートは日本のスーパーでもたまに見かけます。

日本で見つけたベリーズのチョコ
日本で見つけたベリーズのチョコ

ベリーズ(Beryl‘s)

ハリストンブティックのチョコレート
ハリストンブティックのチョコレート

ほかにもハリストンブティック(Harriston Boutique)というチョコレート屋があります。こちらはおみやげ用の大袋のものが多いのですが、その横にちまっとあるスペースで、1粒ごとに売られているチョコレートが、本当においしかったです。おしゃれなうえに、とってもクリーミーな舌触りでした。おみやげに買ったつもりがひとりで食べてしまいました。マレーシア国内でもチョコレート好きは多く、マレーシアのブランドだけでなく様々な国のチョコレートのお店がマレーシアのショッピングモールでは出合えます。

ハリストンブティック(Harriston Boutique)

4. ベトナム

フランスの植民地だったベトナムは、1800年代からカカオ生産が始まりました。カカオが国内で生産されているため、チョコレートも身近な存在です。今回はベトナムで生産されているカカオが使われているビーン・トゥ・バーのチョコレートをご紹介します。

マルウの店内
マルウの店内

ハノイで有名なチョコレート屋さんマルウ(Marou)は2023年日本でも最大規模のチョコレートの祭典サロンデュショコラにも出展しています。フランス人のショコラティエにより設立されたチョコレート屋で、併設されているカフェではチョコレートができるまでの工程を見ながらそこで作られたチョコレートを楽しむことができます。

チョコレートの製造過程が見学できる
チョコレートの製造過程が見学できる
フェヴァのチョコレート
フェヴァのチョコレート

また、ハノイにはフェヴァ(Pheva)というチョコレートのお店もあります。いろいろな味のカレ(正方形の薄いチョコレート)が並べられており、箱のサイズを選んで、自分で好きな味を詰めていくことができます。ペッパーチョコレートという味はお酒好きの方に好まれるようです。

ビノンの店内
ビノンの店内

ホーチミンでは、ビノン(Binon)というチョコレート屋に出合いました。おしゃれなパッケージに包まれたチョコレートを眺めつつ、店内のカフェを楽しむことができます。

ビノンの整然と並べられたチョコレート
ビノンの整然と並べられたチョコレート

ビノン(Binon)

住所
2H Đ. Nguyễn Thị Minh Khai, Đa Kao, Quận 1, Thành phố Hồ Chí Minh
電話番号
+84 971 173 455
営業時間
月~金曜日7:30~20:00、土・日曜日8:00~17:00

まとめ

今回は4ヵ国で出合ったチョコレートについてお話させていただきました。どの国も特長があり、おいしいチョコレートがあります。

ぜひ、どこかに行かれた際はその国のチョコレートにも目を向けてみてください!

アイ・シー・ネット株式会社について

アイ・シー・ネット株式会社では、新興国・途上国150ヵ国以上で社会課題の解決を行っています。下記のサイトで事業内容を紹介していますので、ぜひご覧ください。

筆者

アイ・シー・ネット株式会社

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。