【スペイン】バレンシアのワイン産地で開かれる青空ワインフェア

公開日 : 2024年05月31日
最終更新 :

今月はじめにバレンシアの片隅で開かれたワインフェスティバルに行ってきました。

このイベントは毎年開かれていて、今年で11回目を迎えたそうです。私は確か今回が7回目でした。

バレンシア県のワイン産地といえば、生産量も多い西部のウティエルとレケーナがよく知られていますが、南端でも生産が盛んです。このワインフェスティバルはこの南端にある3つの小さな町が毎年もち回りで開催しています。今年はそのなかでも1番小さなフォンタナルス・デルス・アルフォリンス(Fontanars dels Alforins)で開かれました。町の人口は1000人いるかいないかだそうなのですが、おそらく同じくらい、もしくはそれ以上の人がフェスティバルに押し寄せた印象があります。チケットを買うのにほぼ1時間並びましたから!

のどかな町を埋め尽くす人・人・人
のどかな町を埋め尽くす人・人・人

チケットは10ユーロで、ワインの試飲5杯分+グラスがもらえます。このグラスを手に、ワインブースを回って気になるワインを注いでもらうシステムです。今年はこの地域の15のワイナリーが出展しました。ちなみに7年前は7ユーロで8杯、初めて行った頃は3ユーロくらいだったのでずいぶん値上がりしたものです。とはいえ、2ユーロで1杯飲めるのはまだまだお得。

こんなになみなみと注いでくれます
こんなになみなみと注いでくれます

食べ物はいつも郷土料理のブースが出ます。今年も数々のお米料理やガスパチョ・マンチェゴ、チーズなどが売られていました。

昨年の開催地だったラ・フォン・デ・ラ・フィゲラ(La Font de la Figuera)と今回のフォンタナルス・デルス・アルフォリンスは交通の便がとても悪い場所で車がないとなかなか行くのが難しいのですが(バレンシア市内から専用チャーターバスが出る以外は、皆さん車でワインを飲みに来ます……)、来年開催のモイシェン(Moixent)はバレンシアから近郊線C2で行くことができます。ワイン好きの方、まだ日にちは決まっていませんが来年は飲みにいらして下さい。

開催のお知らせは、Terres dels Alforins のHPFacebookで確認することができます。

筆者

スペイン特派員

田川 敬子

東京生まれの東京育ち。オリーブオイル専門家としてスペインと日本で活動するほか、複数のウェブサイトにスペイン情報を寄稿。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。