【アテネ近郊】ヤギが見つけた(?)鍾乳洞の洞窟へ!

公開日 : 2024年05月25日
最終更新 :
筆者 : 小野雅子

ギリシャというとエーゲ海に浮かぶ島々のイメージが強いですが、山も多いため洞窟も各地にあります。そこで今回はアテネ市内からサクッと日帰りで行ける、クゥトゥキ洞窟をご案内しましょう。

アテネ近郊にあるイミトス山
アテネ近郊にあるイミトス山

目指すクゥトゥキ(Koutouki)洞窟は、アテネ市街から空港へ行く途中にあるイミトス山の一部。アテネから車で1時間ほどドライブすれば到着します。

洞窟の駐車場から眺望を楽しんで
洞窟の駐車場から眺望を楽しんで

幹線道路を外れて洞窟の方向に向かうと、緩やかな勾配ながら上り坂が多くなってきて、やがて洞窟入口の駐車場に到着。ちなみに駐車場は無料、洞窟のほうも大人2ユーロという安心料金でした。

ガイドさんに引率されて洞窟へ!
ガイドさんに引率されて洞窟へ!

さて入場。この洞窟は毎日8:30~14:30の30分ごとに、職員によるガイドつきで入ることが出来ます。

通路や階段、照明などが整備されていて安全ですが、やはり洞窟は洞窟。ひんやり湿気がありピチョンと水滴が落ちてくることもあるため、滑って転ばないよう運動靴で行ったほうが良いです。

まるで映画のセットみたい 幻想的な鍾乳洞
まるで映画のセットみたい 幻想的な鍾乳洞

入場者が歩けるルートの全長は350メートル。ギリシャには中に流れてる川をボートに乗って見学する洞窟もあるから、ここは小さい方だそうです。とはいえアテネを含むアッティカ・ピレウス地方では最大!

ガイドさんの後を慎重に歩きます
ガイドさんの後を慎重に歩きます

この洞窟が発見されたのは、1928年のこと。しかも発見されたキッカケは、なんとヤギなんですよ!笑

ある日1匹のヤギが亀裂にはまってしまったのが発端だそうで、自分のヤギを救出した村人が「どうもこの中が尋常じゃない」と役所に連絡。やがて徐々に発掘され、1961年に一般公開となりました。

もしそのヤギが亀裂に落ちなかったら、今もまだ発見されていなかったかもしれません。ヤギさん、まさに怪我の功名ですね。

上部に見える、あの穴にヤギが・・・
上部に見える、あの穴にヤギが・・・

ガイドさんのお話によると無事にヤギは救出し、そこに再び動物も人間も落ちないよう修繕。しかし洞窟内に棲むコウモリたちの出入り口でもあるため、完全には塞いでないのだそうです。

筆者たちが洞窟に入ったのはお昼ごろだったから、コウモリたちは寝ていたのか1匹も見かけませんでしたが、夕方には活動するのでしょうね!

所用時間30分ほどの洞窟ツアーでした
所用時間30分ほどの洞窟ツアーでした

なお洞窟と駐車場のほかには、運営オフィスとトイレがあるだけというシンプルな施設。カフェや売店がないので、半日遊ぶつもりで来るなら飲み物や軽食を持参したほうが良いでしょう。

アテネから1時間ほどのドライブで着くし、外は見晴らしいいし、サクッと洞窟体験を楽しめますよ!

クゥトゥキ洞窟

住所
Koutouki Cave of Peania, Paiania 190 02, Greece
電話番号
+30 21 0664 2108
入場時間
08:30-14:30

筆者

イギリス特派員

小野雅子

在英30年を過ぎました。初めてイギリスへいらっしゃる方にも分かりやすいロンドン観光&文化情報を中心に、イギリス各地やヨーロッパの情報もご案内いたします!

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。