【ローカル情報@シリコンバレー】 苺狩りに出かけませんか?(Gizdich Ranch, Watsoville)

公開日 : 2024年05月31日
最終更新 :
筆者 : かん

苺狩りは今が旬

シリコンバレーでは、5月から果物狩りのシーズンが始まります。5月半ばから、さくらんぼうや苺、ブルーベリーにブラックベリー等の果物狩りが解禁です。

5月が旬なのが、苺狩りとさくらんぼう狩りです。今回は、苺狩りをご紹介します。

ワトソンビルに出かけてみましょう

苺狩りにオススメなのは、Watsonville(ワトソンビル)です。サンノゼから車で1時間ほどの距離です。

ワトソンビルは、アメリカ合衆国カリフォルニア州の中部、サンフランシスコ湾の南に位置する都市です。
ワトソンビル周辺は肥沃な土壌と温暖な気候に恵まれ、農業地帯として知られており、特に苺の栽培で有名です。

ワトソンビルには多様な人口構成があり、農業労働者や移民コミュニティ、さらには文化的多様性を持つ住民が暮らしています。歴史的には、スペイン植民地時代の名残りから、スペイン系やメキシコ系の文化や建築物も多く見られます。

そんなワトソンビルで、苺狩りができるのがGizdich Ranch(ギズディッチ・ランチ)の苺狩りフィールドです。

ギズディッチランチの苺畑
ギズディッチランチの苺畑

朝いちばんに出かけるのがオススメです

ギズディッチ・ランチの苺狩りフィールドは、朝9時に始まります。
美味しく熟した苺は早い者勝ちになりますから、苺狩りには朝いちばんから出かけるのがオススメです。

まず苺狩りの場所についたら、箱(1ドル・苺狩り後に精算)を購入します。

苺畑にあるテントで必要なだけ箱を受け取りましょう(ひとつ1ドル)
苺畑にあるテントで必要なだけ箱を受け取りましょう(ひとつ1ドル)

ご自宅にある紙袋や箱を持参すれば、購入する必要はありません。
ご自宅から浅い箱や紙の手提げ袋、バケツなどを持参するのがオススメです。

苺を狩るときは、苺のヘタ部分をしっかりと持ち、苺の茎を90度以上に折り曲げて、「ポキ」と折ると、苺が狩りやすいです。

苺を狩るときは、苺をしっかりもって、ヘタ部分の茎を90度に折り曲げると簡単です
苺を狩るときは、苺をしっかりもって、ヘタ部分の茎を90度に折り曲げると簡単です

苺のヘタの下までしっかりと赤くなっている苺が、熟していて甘いです。
ヘタの部分まで赤くなっている苺を探しましょう。

苺を買ったら、計量して料金を支払います

苺は一パウンドにつき3.65ドルです。軽量してもらい、現金もしくはカードで支払います。
このときに、箱を使用した場合は、箱代を一緒に払います。

自宅から持参した手提げ袋を使っても、このようにちゃんと軽量してもらえます(ただし、紙袋は軽量なので、紙袋の重さは計量時に引いてもらえません)

ギズディッチ・ランチの苺狩りフィールドから少し離れたところに、ギズディッチ・ランチがあります。
ここでは、ギズディッチ・ランチの果物を使ったパイのイートインやお買い物、ジャムやお土産の購入ができます。
苺狩りの帰りに、ぜひお立ち寄りいただければ、と思います。

Gizdich Ranch U-Pick - Strawberry Patch

住所
723 Lakeview Rd, Watsonville, CA 95076
営業時間
土日 9:00~17:00
電話番号
(831) 722-1056

筆者

特派員

かん

ヨーロッパ系アメリカ人の夫・子供と一緒に、カリフォルニアの暮らしを愉しんでいます。心がワクワクする観光名所、美味しいお店、カップルや家族、また仲間とでも楽しい体験ができる場所、そしてイベント情報などをお届けします。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。