【保存版】サンフランシスコの絶景カフェ・レストラン・バー

公開日 : 2024年06月06日
最終更新 :

メモリアルデーの連休から一気に夏休みモードに入る北米です。サンフランシスコは今のところ連日良い天気が続いていて夏休み気分が出ています。そこで今日は景色の良いカフェ・レストランを少し紹介してみます。登場するのは先日、依頼を受けてリサーチしたお店のいくつかで、それぞれコメントを入れて住所とWEBサイトです。これからサンフランシスコにいらっしゃる際の参考にしていただければと思います。

全米一の集客数を誇る国立公園(レクリエーションエリア)
全米一の集客数を誇る国立公園(レクリエーションエリア)

イクオーター・ゴールデンゲートブリッジ

サンフランシスコに来たら必ず行く所といえば、ゴールデンゲートブリッジです。内務省公園局管轄で全米一の集客数を誇る国立レクリエーションエリアです。また、20世紀に最も優れた美しい橋にも登録されているゴールデンゲートブリッジに圧巻のほぼ360度のパノラマビューのカフェ。

住所
Golden Gate Brg, San Francisco, CA 94129
サンフランシスコ・ダウンタウンとベイブリッジ
サンフランシスコ・ダウンタウンとベイブリッジ

メルシア

話題のトレジャーアイランドは、昼間も夜景も立ち寄っておきたい場所。このレストランはコンテナをリサイクルした作りです。ここからのくれなずんでいく夕陽は必見。

住所
699 Avenue of the Palms, San Francisco, CA 94130

グリーンズ

1979年に禅の精神を食で伝えるベジタリアンレストラン。倉庫を改装しているので天井が高くそしてヨットハーバーからゴールデンゲートブリッジ方向の窓が広い。
*ちなみに隣のラドハウス(ブルーパブ)も景色と共におすすめです。

住所
Building A, 2 Marina Blvd, San Francisco, CA 94123

マコーミック&クレトス シーフード&ステーキ

ゴールデンゲート国立レクリエーションエリアに隣接しているのが、ギラデリスクエアです。アルカトラズ島が真ん前に見えるのがなんともサンフランシスコらしい。また霧が湾内に入り込んでくる様子も霧の動画を見ているようです。ハッピーアワーあり。

住所
900 North Point St, San Francisco, CA 94109
霧は左から右に入り込みます
霧は左から右に入り込みます

ダリダ

あるサイトでは”水と公園の景色を静かに楽しむ”ちょっと神秘的じゃないですか?ひっそりと存在するプレシディオ内のレストラン。機会があれば行ってみたい場所です。

住所
101 Montgomery St Suite 100, San Francisco, CA 94129

エンプレス・バイ・ブーン

世界的なセレブ・シェフのおかげで、生まれ変わったチャイナタウンの老舗です。料理も洗練され、目にも舌にも絶好調なチャイニーズ!

住所
838 Grant Ave, San Francisco, CA 94108
ビルはチャイナタウンのランドマーク的存在
ビルはチャイナタウンのランドマーク的存在

【カバーニャ SF】

オラクルパークを覗き込む感じ…らしいです。野球場にはしょっちゅう行っているのですが、実はまだ未経験。なんとしても行って、いつも見上げてる野球場を覗いてみたい。ユニークなカクテルが多いとの噂。

住所
100 Channel St 17th Floor, San Francisco, CA 94158

ミッション・ロック・リゾート

産業遺産のような景色がかなりお気に入りの行きつけのオイスターバーです。夕暮れにはイーストベイ・オークランドヒルの住宅のライトがまるでキャンドルの点灯のように見えます。ハッピーアワーあり。

住所
817 Terry A Francois Blvd, San Francisco, CA 94107

エル・テチョ・ デ・ロリンダ

ミッション地区のど真ん中?!時間によっては路上に行列ができるほどの人気店。ウノ・ドス・スレス(スペイン語1・2・3)はお試しください。気軽なフードもムエビエン。ムーチョ楽しいカフェ・バーです。

住所
2518 Mission St, San Francisco, CA 94110

ザ・ルック・アウト

カストロ地区からは、マーケットStと16th Stの角にあるLGBTQバーを紹介。天気の良い日はバルコニーに上半身裸の殿方がぎっしり、熱気ムンムン。入り口から飲み物持って、そのバルコニーまで辿りつけたらカストロ地区からツインピークスまでの景色を堪能できますよ。

住所
3600 16th St, San Francisco, CA 94114

筆者

アメリカ・カリフォルニア州特派員

美丸(Mimaru)

サンフランシスコ在住ビアジャーナリスト。全米のクラフトビール探求の日々、訪問したブルワリー、タップルーム情報は随時投稿。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。