シカゴでぜんじろうさんのスタンダップコメディー旋風が巻き起こる

公開日 : 2024年05月31日
最終更新 :

ハロー!ワッキーまゆみです。
シカゴの5月は日本で言う春で木々、花が芽吹き愛でる月でもありますが、今年のシカゴの5月はあっと言う間に暖かくなり、いや暑くなり花は“パッ”と咲いて散ってしまった感じで、春を楽しむ事も無く終わったような…。我が家の家の脇には毎春赤、白、ピンクの芍薬(Peonyピオニ-)が綺麗に咲き誇りその存在感ある花を見て近所の人や、友達が「綺麗だね~」と言ってくれていました。が、今年はそんな芍薬を楽しむ時間が短く、その存在を忘れる程あっという間に咲いて、あっという間に散った感。芍薬の花の終わり、散る時の潔さをご存知ですか?細かい花びらが一度に“ドサッ”と落ちて結構豪快、男前なんです。なので地面にはその散った花びらが沢山落ちて早く掃除しなくちゃ!

【プロフィール】
ぜんじろう
芸人
性別:男性
生年月日:1968年01月30日
身長/体重:170cm /57kg
血液型:B型
出身地:兵庫県 姫路市
趣味:笑い 映画 おしゃべり
特技:スタンダップコメディ
出身/入社/入門:1987年 入門 上岡龍太郎

出来たてホヤホヤChicago Ramenの新店舗が今回の開場で
格子戸のようなオシャレな和風の外環。
出来たてホヤホヤChicago Ramenの新店舗が今回の開場で
格子戸のようなオシャレな和風の外環。
赤を基調とした妖艶さはラーメン屋と思えない
斬新なコンセプトです。
赤を基調とした妖艶さはラーメン屋と思えない
斬新なコンセプトです。

5月4日土曜日、Chicago Ramenのオープン前の新店舗にて、日本でそして海外でスタンダップコメディーを続けているぜんじろうさんのショーが開催されました。日本でのご活躍は1987年より大阪を中心に数々のコンクールや賞レースでの受賞に始まり、その後東京に進出し全国にその名を馳せた後、活動の場を1998年より海外へと移行し同年ロサンゼルスのコメディーコンテストで二位となり、その後様々な活躍を経て現在に至ります。

今回シカゴでのスタンダップコメディーを楽しみにしていたオーディエンスの皆さんが続々と会場に入り今か今かとワクワクした面持ちでぜんじろうさんを待っています。真っ赤な壁と真っ赤で大きなシャンデリアがラーメン屋と言う事を忘れさせる妖艶で今から巻き起こる笑いの会場と相成り既に大盛り上がりの雰囲気です。そこへ颯爽と登場したぜんじろうさんを大きな拍手と掛け声で今か今かと待っていた皆さんがお出迎えです。

明るい!とにかく元気で明るくあっという間にお客さんを引き込むぜんじろうさん
明るい!とにかく元気で明るくあっという間にお客さんを引き込むぜんじろうさん

軽快なトークは観客を魅了しどんどんぜんじろうさんの話術に引き込まれていきます。スタンダップコメディーとは何か?なぜ日本では流行らずアメリカで大人気なのか?自分のオピニオンを交え風刺で観客を盛り上げ大笑いさせる独特のスタイルを持つスタンダップコメディーの1時間半のスタートです。

客席にふったり、会場が一体となって大笑いのスタンダップコメディーのスタートです
客席にふったり、会場が一体となって大笑いのスタンダップコメディーのスタートです
あるある!いろんなネタが沢山ありその中からシカゴに合ったネタを披露してくださいました
あるある!いろんなネタが沢山ありその中からシカゴに合ったネタを披露してくださいました

様々なテーマからなる主に48のメニューからその時に応じてのテーマを毎回幾つか選び観客の心を掴むのは流石プロの技。師匠の故上岡龍太郎さんからの大切な教え“失敗+時間=笑い”をモットーに今日まで日本はもとより、アジア、アメリカ、ヨーロッパと様々な国でご活躍のぜんじろうさん。その海外でのスタンダップコメディーをする事になるきっかけが、なんとここシカゴに関係していたのでした。シカゴから南に下がった所に住んでいた彼女と二人三脚でスタンダップコメディーを極めてショーに出演したりしたと言う思い出の地でのその彼女との結婚に何故至らなかったのかと言うちょっぴり笑えるネタや、今は亡き師匠の上岡龍太郎さんに捧ぐ師匠との繋がり、独立の時の話など涙を誘う人情ネタと色々と聴かせて頂きました。

滅茶苦茶気さくで良い人柄溢れるぜんじろうさんを取り巻くシカゴ在住の皆さん…私とその友達と息子ちゃん(笑)
滅茶苦茶気さくで良い人柄溢れるぜんじろうさんを取り巻くシカゴ在住の皆さん…私とその友達と息子ちゃん(笑)

ぜんじろうさんまたシカゴにお越しください!
シカゴに観光に来る皆様、チャンスがあれが日本の有名、著名人の皆さんに会えるチャンスがあるかも。来る前にイベントなど事前にリサーチする事をお勧めします。


All photos © Mayumi. W
撮影許可済

筆者

アメリカ・シカゴ特派員

ワッキーまゆみ

名古屋、東京、シンガポール、ロサンゼルス、シカゴに住み日本を出て25年。子育てをしつつシカゴライフを満喫中。グルメ、観光、ショッピング、キッズ関連などシカゴ情報を発信しシカゴライフをエンジョイしたい!

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。