北欧の世界へようこそ!飯能市で『ムーミン』の世界を堪能

公開日 : 2024年06月18日
最終更新 :

都内から日帰りで、「北欧」の世界を堪能できる場所があるのをご存知でしょうか?
北欧といえば、豊かな自然やかわいらしい建物、ハッと息をのむほどの美しい景色をイメージする方も多いかと思いますが、埼玉県飯能市は『ムーミン』の物語の世界をたっぷりと楽しめる「ムーミンバレーパーク」や、美しすぎる図書館として話題の飯能市立図書館があるんです。今回は、そんな北欧の魅力を満喫できる飯能市のスポットをご紹介します。

ムーミンバレーパークで、ムーミンたちの生活を体験

ムーミン屋敷
ムーミン屋敷
  • パーク入口

    パーク入口

  • ゲストルーム

    ゲストルーム

  • ムーミンたちの生活がのぞけます

    ムーミンたちの生活がのぞけます

  • キャラクターと撮影もOK

    キャラクターと撮影もOK

  • スナフキン

    スナフキン

  • ヘムレンさんの遊園地のアヒルボート

    ヘムレンさんの遊園地のアヒルボート

  • 本のウェルカムゲート

    本のウェルカムゲート

  • 期間限定アンブレラの道

    期間限定アンブレラの道

  • ミイとムーミン

    ミイとムーミン

  • フォトプロップスもあります

    フォトプロップスもあります

  • 対岸からも目立つ灯台

    対岸からも目立つ灯台

  • おさびし山エリア

    おさびし山エリア

  • ヘムレンさんの遊園地

    ヘムレンさんの遊園地

  • ツリーハウス

    ツリーハウス

  • スナフキンのテント

    スナフキンのテント

  • スノークのおじょうさん

    スノークのおじょうさん

駐車場からパークに向かって歩いていると対岸に灯台が見えてきます。そのまま真っすぐ進んでいくと、パークの入口に到着。駐車場から入口までは、徒歩約15分ほどかかります。

パークに入ると、現在開催中の「ムーミン谷とアンブレラ」の世界がお出迎え。はじまりの入り江エリアからムーミン谷エリアまでの約200mのアンブレラの回廊が頭上に広がります。なんと、ムーミンバレーパーク全体で約1,000本の傘を使っているのだとか。カラフルな傘と定期的にシャワーのように出てくるシャボン玉に、目が釘づけになってしまいました。フォトプロップスも置いてあるので、いろいろな撮影を楽しめます。*「ムーミン谷とアンブレラ」は、7月7日(日)まで開催しています。

さらに進むと、物語のなかに登場する水浴び小屋やムーミン一家の暮らすムーミン屋敷などが見えてきます。ここまでくると、ムーミンの物語の世界に飛び込んだかのよう。この辺りにキャラクターがいることも多いので、ぜひ好みのキャラクターを探してみてください。

  • 「ムーミン谷とアンブレラ」限定
アートラテ(左)とセムラ~アンブレラ~(右)

    「ムーミン谷とアンブレラ」限定 アートラテ(左)とセムラ~アンブレラ~(右)

  • ママのやさしさがつまった
オレンジティー(右)

    ママのやさしさがつまった オレンジティー(右)

  • スイーツもかわいい

    スイーツもかわいい

  • お急ぎの様子のムーミン

    お急ぎの様子のムーミン

  • ムーミン一家大集合

    ムーミン一家大集合

  • 仕掛け絵本がおもしろい

    仕掛け絵本がおもしろい

  • 絵本の世界にようこそ

    絵本の世界にようこそ

  • 常設展「ムーミン谷のギャラリー」

    常設展「ムーミン谷のギャラリー」

  • 回しながら読める立体コミック

    回しながら読める立体コミック

  • ヤンソンさんの誘惑

    ヤンソンさんの誘惑

  • ヤーコブさんの空飛ぶシチュー

    ヤーコブさんの空飛ぶシチュー

  • ムーミン谷の食堂

    ムーミン谷の食堂

  • ムーミン谷のジオラマ

    ムーミン谷のジオラマ

パーク内を歩いてお腹がすいたので「ムーミン谷の食堂」へ。北欧を感じる親しみやすいメニューが並びます。今回は、「ヤンソンさんの誘惑」を注文しました。ポテトと玉ねぎに、隠し味のアンチョビが効いていて少し大人の味わいのグラタンです。

「ヤーコブさんの空飛ぶシチュー」は、バナナやピーナッツの甘さとチリソースのピリ辛さが絶妙。北欧の家庭料理として有名な一品です。チーズボールやフライドチキン、ポップコーンシュリンプなどを付けることができるので、お子さま連れも安心です。

2階と3階には展示スペースがあるのでお見逃しなく。トーベ・ヤンソンさんが最初に出版した絵本『それからどうなるの?』の世界が広がります。自身が絵本に入り込んだかのように物語が楽しめるので、子どもから大人まで夢中になってしまうんです。

螺旋階段の吹き抜けいっぱいに再現された特大サイズのジオラマも必見。細部までムーミン谷を再現しれており、ムーミン谷のできごとや季節の移り変わりを見ることができます。

2階にある「ライブラリー カフェ」は、ムーミン関連書籍がズラリ。約400冊もあるというから驚きです。奥にあるカフェでは期間限定メニューが楽しめるので、ここでひと休みするのもいいかも。「ムーミン谷とアンブレラ」限定アートラテやスイーツも揃っています。

ムーミンバレーパーク

住所
埼玉県飯能市宮沢327-6 メッツァ
電話番号
0570-03-1066
アクセス
西武池袋線「飯能駅」からバスで約13分

美しすぎる飯能市立図書館

飯能市立図書館の外観
飯能市立図書館の外観
  • フィンランド大使館から寄贈された本

    フィンランド大使館から寄贈された本

  • お子さまの読書スペース

    お子さまの読書スペース

  • 館内の直線が美しい

    館内の直線が美しい

  • 2階の自習スペース

    2階の自習スペース

  • 予約制の特等席

    予約制の特等席

飯能を訪れて、お時間があったらぜひ立ち寄ってもらいたいのが飯能市立図書館。外観が非常にきれいで、思わず見惚れてしまいます。夕暮れ時、館内に灯りが入ることは美しさも倍増。

館内にはフィンランド大使館から寄贈された本や、ムーミンの人形などが置かれており、北欧の雰囲気を感じます。建物の外観だけでも見る価値がありました。*図書館を利用できるのは、飯能市内に住んでいる方や通勤・通学している方、また入間市・狭山市・所沢市・日高市・青梅市に在住の方が対象です。

飯能市立図書館

住所
埼玉県飯能市山手町19‐5
電話番号
042-972-2114
アクセス
西武池袋線「飯能駅」から徒歩約15分

筆者

神奈川特派員

加藤 朋子

神奈川県を拠点に、年間1/3ほど国内外を行き来しています。これまで100カ国以上、旅をしてきました。 ​ 神奈川県を中心に、各地からおすすめスポットやイベント、美味しい情報をお届け。パラグライダーやスキューバダイビングもするので、空・陸・海の全方位から地球の魅力をご紹介します。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。