晴れた日は、ぶらり宇治川散歩へ

公開日 : 2024年06月20日
最終更新 :

2024年の大河ドラマ『光る君へ』の舞台にもなっている、京都・宇治。京都市内からちょっと足を延ばして、世界遺産「平等院」を愛でたり、宇治川沿を歩いたり。晴れた日は、宇治の街を散歩するのも気持ちがいい季節です。今回は、宇治在住の友人と「ぶらり宇治散歩」をしてきたので、宇治川近くのカフェなどをご紹介します。

平等院表参道通りにたたずむ「中村藤吉平等院店」

平等院店の目印の暖簾
平等院店の目印の暖簾
  • 趣のある店舗入口

    趣のある店舗入口

  • まるとパフェ[みどりの世界]*煎茶付き

    まるとパフェ[みどりの世界]*煎茶付き

  • 上から見るとかわいい

    上から見るとかわいい

  • まるとドリンク[抹茶](左)

    まるとドリンク[抹茶](左)

  • ストローが太めで飲みやすい

    ストローが太めで飲みやすい

  • 統一感のあるデザイン

    統一感のあるデザイン

宇治川を一望でき、明治天皇、大正天皇をはじめ、多くの文人に愛されてきた「旧菊屋萬碧楼」を、2022年10月にリニューアルオープンしたのが「中村藤吉平等院店」。外観はそのままに内装を改装し、古きよきノスタルジックな雰囲気を残しつつ、洗練されたチェアやテーブルで統一しています。宇治川を見渡せる2階のカウンター席は、隠れた特等席。

席を確保してから、カウンターの端末でオーダーするセルフカフェのスタイルで、手軽に抹茶が楽しめるのが魅力です。今回は、「まるとパフェ[みどりの世界]」と「まるとドリンク[抹茶]」を注文しました。「まるとパフェ[みどりの世界]」は、実はパフェグラスも平等院店限定のデザイン。さりげない部分ですが、細部にこだわりを感じます。

こちらは夏の山々の稜線や宇治川の朝霧など、パフェグラスに宇治の情景を閉じ込めた逸品。食べてよし、眺めてよしの一品です。

「まるとドリンク[抹茶]」は、飲むの見応えのあるスイーツドリンク。ぷるんとしたゼリーが入っていて、食感を楽しめます。抹茶の深い味わいと甘みのバランスがお見事! 大満足の1杯でした。

中村藤吉平等院店

住所
京都府宇治市宇治蓮華5-1
電話番号
0774-22-9500
アクセス
JR宇治駅から徒歩約9分、京阪宇治駅から徒歩約5分

宇治川を眺めながらいただく絶品お蕎麦

天ざるセット
天ざるセット
  • 日本三古橋に名を連ねる宇治橋が見えます

    日本三古橋に名を連ねる宇治橋が見えます

  • プリッとした海老の天ぷら

    プリッとした海老の天ぷら

  • 店舗外観

    店舗外観

  • カウンター席

    カウンター席

「中村藤吉本店 平等院店」から徒歩3分ほどの場所にあるのが「京料理 宇治川」。目の前に宇治川や、日本三古橋に名を連ねる宇治橋を眺めることができます。お膳もおいしそうでしたが、宇治のお茶を使った茶そばに惹かれて「天ざるセット」をセレクトしました。

天ぷらには抹茶塩が添えてあり、お蕎麦といい天ぷらといいお抹茶好きにはたまりません。しっかりと冷水で締められたお蕎麦は、これからの季節にぴったり。ツルッとしたのど越しで、箸が止まらず、あっという間に完食してしまいました。

京料理 宇治川

住所
京都府宇治市宇治蓮華2-2[宇治橋たもと]
電話番号
0774-22-2628
アクセス
JR宇治駅から徒歩約9分、京阪宇治駅から徒歩約5分

居心地のいい隠れ家カフェ「食堂 山小屋」

趣のある店舗外観
趣のある店舗外観
  • ヴィーガンスイーツ

    ヴィーガンスイーツ

  • お店は静かな通りにあります

    お店は静かな通りにあります

  • 自家焙煎オーガニックコーヒー(左)

    自家焙煎オーガニックコーヒー(左)

  • コーヒーカップもかわいい

    コーヒーカップもかわいい

  • メニュー表

    メニュー表

駅前から続く宇治のメイン通りから、2本目の角のところに、ひっそりとたたずんでいるのが「食堂 山小屋」。気づかずに通り過ぎてしまいそうですが、角に味わい深い看板があるので、それが目印です。古民家をリノベーションした店内は、リピーターの方も多いのだとか。売り切れ次第終了の玄米菜食料理のランチ(ヴィーガン料理)をお出ししているほか、野菜を使ったヴィーガンスイーツなどもあり、体に優しいメニューが揃います。
*五葷フリーメニューの対応はできかねますので、ご了承ください。

スイーツメニューを聞いてみると、オーナーがていねいに説明してくれました。ゆったりした音楽が流れ、店内はいい雰囲気。居心地がよく、ついつい長居してしまいそうです。

今回は、自家焙煎オーガニックコーヒーをいただきました。ひと口飲むと、スモーキーで少し酸味のある味わいが広がります。コーヒーカップもかわいくて、気分が上がります。土日祝は混み合う時間もあるようですが、平日のランチタイム後に訪れたせいか、ゆっくり過ごすことができました。

『光る君』の舞台である宇治を巡りながら、ちょっと歩き疲れたら、カフェでのんびり過ごすのもいいかも。宇治ならではの景色や、味わいを堪能しながら宇治散歩を楽しんでみてください。

食堂 山小屋

住所
京都府宇治市宇治妙楽144
電話番号
0774-25-6889
アクセス
JR宇治駅から徒歩約5分、京阪宇治駅から徒歩約6分

筆者

神奈川特派員

加藤 朋子

神奈川県を拠点に、年間1/3ほど国内外を行き来しています。これまで100カ国以上、旅をしてきました。 ​ 神奈川県を中心に、各地からおすすめスポットやイベント、美味しい情報をお届け。パラグライダーやスキューバダイビングもするので、空・陸・海の全方位から地球の魅力をご紹介します。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。