島旅へ行こう 屋久島編!感動の大自然が待つ世界遺産で行くべきおすすめツアー6選

公開日 : 2024年06月20日
最終更新 :

2023年に世界遺産登録30周年を迎えた屋久島。島最大の老大木「縄文杉」や苔に包まれた神秘の森「白谷雲水峡」などの大自然は、一生に一度は見てみたいと願う方も多いはず。トレッキングはもちろん、屋久島は海や川などを舞台にしたツアーも豊富です。本記事では、夏季限定を含めた、この夏おすすめのツアーをご紹介します!

屋久島への行き方は航路と空路の 2種類

飛行機、船ともに悪天候時は欠便する場合があることも
飛行機、船ともに悪天候時は欠便する場合があることも

屋久島が位置するのは、本土最南端の鹿児島県・佐多岬から南南西に約60kmの場所。島までは飛行機と船が発着しており、予算や予定に合わせて選んでみましょう。
飛行機の場合は、福岡空港または伊丹空港からは直行便が運航しています。ただし、1日1便(所要時間約1時間10分)と本数が少ないので要注意。鹿児島空港発は1日5便(所要時間約40分)ほど運航しているので、こちらの方が利便性は高いでしょう。
続いて船を使う場合、まずは起点となる鹿児島本港を目指しましょう。最短1時間50分~と、最も早くアクセスできるのが高速船「トッピー&ロケット」。価格は片道1万2200円で1日6便を運航しており、島民の足としても活躍しています。運航ダイヤは季節によって変化するためウェブサイトでの確認を忘れずに。

もっとリーズナブルに移動したい方は、フェリーへの乗船がおすすめです。「フェリー屋久島2」は、高速船の約半分の価格6000円(往路)で乗船が可能。さらに、夜に鹿児島を出発し早朝に屋久島に到着する「フェリーはいびすかす」(谷山港から発着)という船も! 片道(2等)3900円で利用でき、朝7時に現地に到着できるため時間を有効活用できるのもポイントです。

トレッキング1 人気No.1島のシンボル・縄文杉ツアー

標高25.3m、幹回りは16.4mと圧倒的な大きさを誇ります
標高25.3m、幹回りは16.4mと圧倒的な大きさを誇ります

1993年に日本初の世界自然遺産として登録された屋久島。樹齢千年以上を誇る“屋久杉”を有する天然林は、世界にも類を見ない貴重な景観を生み出しています。なかでも人々をひきつけやまないのは、樹齢2000~7000年ともいわれる縄文杉。島の中央部に位置する縄文杉を目指す縄文杉ツアーは、一番人気のトレッキングツアーです。
しかし道のりは歩行距離22km、所要時間8時間~と、登山経験が求められるほどハードなもの。それでもチャレンジしたい!という方は、経験・知識豊富なガイドをつけて計画を立ててみましょう。ちなみに、滞在は最低でも2泊3日は必要のためご注意を。

きれいなハート型が撮れるポイントは入り口からみて株の右側
きれいなハート型が撮れるポイントは入り口からみて株の右側

ルートの前半は、約8kmに渡って続くトロッコ道からスタート。草花に関する豆知識や島の興味深い歴史など、ガイドさんの話す話に耳を傾けながら歩きましょう。道中には見どころも多く、特に巨大な切り株「ウィルソン株」は人気のフォトスポットです。空洞になった内部に入ると、上空にはきれいなハート型が! ガイドさんにお願いし、ツーショットの撮影もお忘れなく。
アップダウンの激しい山道を抜ければ、ついにデッキ中央部にたたずむ縄文杉とご対面。途方もない年月を生きてきた縄文杉、その存在感に圧倒されます。思わず疲れも忘れるほどの深い感動に包まれ、きっと忘れられない夏の思い出となるはずです。

ツアー情報

所要時間
約8時間~
料金
1万5000円前後

トレッキング2 マイナスイオンに包まれる白谷雲水峡ツアー

澄んだ空気に包まれて深呼吸
©PIXTA 澄んだ空気に包まれて深呼吸

“体力に自信がない&苔の森を楽しみたい“という方は、白谷雲水峡ツアーに参加するのもおすすめです。白谷雲水峡は4時間程度(総歩行距離5.6km)で回ることができる、苔に包まれた深緑の森。“耐久型“ともいわれる縄文杉コースに比べて歩きやすい道が多く、行きと帰りで周囲の景色を楽しみながら歩く余裕もあります。

森を進むと、そこは苔に包まれた岩や木々が視界いっぱいに広がる幻想的な世界。特に「苔むす森」と名付けられたポイントは、スタジオジブリ作品『もののけ姫』の参考にもされた場所だそう。白谷雲水峡は雨の森歩きも楽しく、小雨程度ならばぜひ楽しんでみるのも◎。水に濡れて生き生きと輝く植物は、ここでしか見られない光景です。
また屋久島には、日本に分布する3分の1がこの島に集結しているといわれるほど多彩な苔が生育しています。『地球の歩き方 島旅 屋久島』でも紹介している苔や花図鑑を片手に、ぜひ登山中に観察してみてはいかがでしょうか?

ツアー情報

所要時間
約4時間~
料金
1万2000円前後

トレッキングツアー ガイド選びのポイントは?

時間・体力をみて適切なペース配分で歩くため疲労も少なめ
時間・体力をみて適切なペース配分で歩くため疲労も少なめ

1日をともに行動するツアーだからこそ、なるべく相性の良いガイドを見つけたいもの。島内のツアーは参加費自体に大きな金額差はないため、参加者の年齢・体力、旅程に合わせて選ぶのがよいでしょう。貸し切り、女性ガイドOK、登山用品レンタル付き、1泊2日キャンプツアー……など、いずれも多種多様。王道コース以外にも、現地ガイドだからこそ案内できる穴場コースを提供している会社もあります。

トレッキングツアーには今回紹介したコース以外に、よりレベルが高いものから低いものまでさまざま。30分から回れる「ヤクスギランドコース」など、ガイドなしでも十分歩ける森もあるんです。詳しいコースは屋久島観光協会のホームページのほか、『地球の歩き方 島旅 屋久島』でも掲載しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

川・沢遊び 爽快感抜群!沢登りツアー&リバーカヤック

グリーンの川と空とのコントラストは絶景!
グリーンの川と空とのコントラストは絶景!

まるで周囲の森と一体化したかのような、深いエメラルドグリーンが広がる屋久島の川。そんな美しい川に浮かんでリラックスできるのが、リバーカヤック&SUPツアー。島の東部を流れる安房川から出発し、ゆっくりとパドルを漕ぎながら照葉樹林の森を進んで行きます。

広々とした川は流れも穏やかで、初めてでもすぐに慣れて操作できます。川の流れに身を任せながら、ゆったりと漕ぎ進んで行きましょう。コース途中にある中洲では、ガイドさんが用意してくれるドリンクとおやつでひと休み。暑い日は川にザブンと飛び込んで、思いっきり水を浴びるのも気持ちいいですよ。
3時間程度で参加できるツアーのため、旅程に組み込みやすいのもうれしいポイント。トレッキングツアーの合間や出発・到着日などに入れれば、ムダなく目いっぱい満喫できちゃいます!

ツアー情報

催行会社
島あそび
時間
半日8:00~11:30、13:00~16:30、1日8:00~16:30
料金
半日1万3000円、1日2万6000円
大迫力の岩肌の合間を進んで行きましょう
大迫力の岩肌の合間を進んで行きましょう

さらに夏の屋久島で外せないのが、夏季限定のアクティビティ沢登りツアー。澄み切った沢を登り、歩き、泳ぎ……ときには滝つぼに向かってジャンプ! ルートは決められておらず、手つかずの大自然を自分の手と足で進んで行くのが醍醐味です。

ライフジャケットやヘルメットなどきちんとした装備を身に着けるため安心を。小学生の子供がいる家族連れや泳げない人でも参加可能です。ひんやりとした川の水は爽快感抜群で、まさに暑い夏にぴったり。冒険気分で楽しみましょう♪

ツアー情報

催行会社
島あそび
時間
半日8:00~11:30、13:00~16:30、1日8:00~16:30(6月上旬~9月下旬)
料金
半日1万3000円、1日2万6000円

ウミガメ レアな瞬間に立ち会う産卵観察会&体験ダイビング

永田浜は5月1日~9月30日の夜間と早朝は立ち入らないように
永田浜は5月1日~9月30日の夜間と早朝は立ち入らないように

いくつもの美しいビーチがある屋久島ですが、なかでも注目はウミガメ産卵地の永田浜。ここは北太平洋最大のアカウミガメの産卵地として知られ、4月下旬頃からウミガメが上陸する場所として有名です。毎年5~7月頃は、その貴重な産卵シーンを見ることができる限られた期間。この時期に屋久島旅行を予定している人は、ぜひ見学することをおすすめします!

見学には、現地のガイドがいるウミガメ観察会への参加が必須。絶滅危惧種であるウミガメは非常にデリケートなため、事前にレクチャーを受けます。2024年の開催時期は、5月10日~7月15日まで。電話のほかホームページからも予約可能なので、早めにチェックしておいてくださいね。

ツアー情報

催行会社
永田ウミガメ連絡協議会
時間
20:00~23:30(最終受付20:30)
料金
2000円、中学生以下500円
電話
0997-45-2280
目の前を悠々と通り過ぎて行くウミガメ
目の前を悠々と通り過ぎて行くウミガメ

「観察会に参加できなかった……」という人にもおすすめなのが、ウミガメ体験ダイビングツアー。こちらは通常のダイビングツアーとは異なり、海をよく知るスタッフがウミガメと遭遇率の高いポイントへガイド。運がよければ、ウミガメと一緒に泳ぐことができることも! フォトサービスを利用して、ウミガメとのツーショットを思い出に残すのもいいですね。泳ぎが苦手な人でも、いちからレクチャーしてくれるので気軽に参加できますよ。

ツアー情報

催行会社
エバーブルー屋久島
時間
8:00~11:00、9:30~12:00、13:30~16:30、15:00~18:00
料金
1万3200円~
電話
0997-42-0505

オプショナルツアーの予約は早めが肝心

ツアーの予約は、空いていれば前日でもOKな場合もあるものの、1ヵ月前には予約しておくのが安心。特に、夏場はトレッキングのハイシーズンのため、宿やレンタカーまで予約でいっぱい……なんていうことも珍しくありません。早めに旅程を組めば、山・海・川と屋久島の自然をたっぷりと楽しむことができますよ。

しかし準備をしても、雨が多い屋久島では“大雨でトレッキングに行けなかった……”というアクシデントが起きることも。発売中の『地球の歩き方 島旅 屋久島』では、そんなときにも使える、雨の日アイデアやレストラン&カフェ情報まで旅に役立つ情報を掲載。計画前や旅行中に、活躍すること間違いなしです。ここでしかできない体験を目当てに、この夏休みは屋久島で思いっきり遊びましょう!

TEXT:『島旅23 屋久島』編集担当 渡辺菜々子(ART LOVE MUSIC)   
PHOTO:和氣淳、PIXTA

ほかの島旅記事を見る

筆者

地球の歩き方ウェブ運営チーム

1979年創刊の国内外ガイドブック『地球の歩き方』のメディアサイト『地球の歩き方web』を運営しているチームです。世界約50の国と地域、160人以上の国内外の都市のスペシャリスト・特派員が発信する旅の最新情報をお届けします。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。