【アテネ】ギリシャの居酒屋"ウーゼリー"はシーフード天国!

公開日 : 2024年06月11日
最終更新 :
筆者 : 小野雅子

アテネに限らず、ギリシャ国内どこでも"ウーゼリー"と呼ばれる外食屋さんがあります。

名称の由来はギリシャ特有のお酒ウーゾからで、それを飲みながら小皿料理をツマミ的に何品か食べる店のこと。日本で言えば、居酒屋と大衆食堂の中間みたいな感じです。

とは言っても必ずウーゾを飲まないといけないワケじゃなく(笑)、ノンアルでもワインなど他のお酒でも、もちろんオッケー!

アニスが香る蒸留酒ウーゾ 水や氷で割ると白濁します 
アニスが香る蒸留酒ウーゾ 水や氷で割ると白濁します 
典型的ウーゼリーの1つ、「アシナイコン」
典型的ウーゼリーの1つ、「アシナイコン」

そこで今回ご案内するのは、アテネ中心地にある伝統的なウーゼリーのひとつ「アシナイコン」。1932年創業で今もアテネっ子に愛されているお店で、最寄り地下鉄オモニア駅(Omonia)から徒歩3~4分です。

昭和な雰囲気・ほっこり落ち着く店内
昭和な雰囲気・ほっこり落ち着く店内
テーブルの多くは、脚が元ミシンの踏み台をアップサイクル!
テーブルの多くは、脚が元ミシンの踏み台をアップサイクル!

どことなく昭和の大衆食堂を彷彿とさせる、アットホームな雰囲気で居心地よいお店。よく見るとテーブルの脚に昔のミシン台を再利用しているものが多いのも、レトロな魅力を添えています。

創業時のアテネ風景が印刷された、紙のテーブルマット
創業時のアテネ風景が印刷された、紙のテーブルマット
カラっと揚げた小海老 イカや小イワシの唐揚げも
カラっと揚げた小海老 イカや小イワシの唐揚げも

またウーゼリーにはシーフード料理が多いのも、おさかな大好き日本人には嬉しいポイント。

筆者はどのウーゼリーに行っても必ず小海老、イカ、小イワシ、もしあれば小タコの唐揚げを注文します。薄く小麦粉をまぶしただけでカラっと揚げてあり、レモンと塩でいくらでも食べれるほど美味!

左から時計回りに海老、肉団子、イカ、ズッキーニ
左から時計回りに海老、肉団子、イカ、ズッキーニ

居酒屋やタパスと同じく、ウーゼリーでも2人以上の複数人数で色んな料理を頼み、取り分けあって食べるのが理想。お好きなドリンクと美味しいツマミで、わいわい賑やかに食べたいですね。

ウーゼリーは深夜まで営業している店が多いので、バーで飲んだあとの〆や映画・コンサートの後で遅い食事をするのにも打ってつけ。肩肘はらずに寛いで、美味しい時間を過ごしてください!

ウーゼリー「アシナイコン」

住所
Athinaikon, Themistokleous 2 (pedestrian street), Athens 106 78, Greece
営業時間
11.30–00.30(日曜休業)

筆者

イギリス特派員

小野雅子

在英30年を過ぎました。初めてイギリスへいらっしゃる方にも分かりやすいロンドン観光&文化情報を中心に、イギリス各地やヨーロッパの情報もご案内いたします!

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。