【京都】紫陽花と青もみじ「真如堂」

公開日 : 2024年06月13日
最終更新 :
筆者 : Akio

夏のような気温が続いている京都です。
この時期、真如堂(左京区浄土寺真如町)では、青もみじと紫陽花がきれいです。
真如堂は、左京区浄土寺真如町にある、比叡山延暦寺を本山とする天台宗の寺院で、寺名は真正極楽寺。

参道から見上げると、青もみじのなかに、
三重塔が見えました。

緑色なのに青もみじ

青もみじと言いますが、なぜに緑色なのに青と表現するのでしょうか。
調べてみると、かつて古代の日本には、白、黒、赤、青の4色しか存在してなくて、
現代のように中間色の表現はなかったそうです。
青は広い範囲で使われ、これが現代にも残り、緑も青という表現になっているそうです。
青には新しいとか若いという意味が含まれ、緑なのに青と書く日本語がたくさんあります。
青果、青汁、青菜、青りんご、青物、青葉、青信号、など......。

青もみじの境内を紫陽花がたくさん咲いている、
本堂裏の境内最奥部にある萬霊堂と宝蔵の周りへと進んで行きます。

ここに咲く紫陽花は、ガクアジサイ・ヤマアジサイ・カシワバアジサイなど約1000株。

本堂裏は、六月の陽射しのなかに
青もみじと紫陽花の世界が広がっています。

青もみじと紫陽花咲く真如堂でした。

真如堂

住所
京都市左京区浄土寺真如町82
拝観時間
9:00~16:00
アクセス
市バス「真如堂前」・「錦林車庫前」下車徒歩約8分

筆者

京都特派員

Akio

京都は平安京の頃から、今に至るまで様々な歴史が残っている町。歴史と季節を訪ねながら京都特派員ブログを、綴って行ければと思います。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。