小笠原諸島 水不足解消

公開日 : 2024年06月15日
最終更新 :

6月に入り、ようやく雨季らしい天候が戻ってきた小笠原です。一時はダムの貯水量が60%台にまで下がり、来島者が多くなる夏を前に水不足が心配でしたが、6月上旬に降水量の多い日が続いたのと、その後も数日に一度は雨が降っていてダムにもしっかり貯水できたようです。

例年、雨季は6月中旬~下旬ごろまでで雨季が明けると夏の到来を迎えますので夏目前です。

曇天・雨天でも気温は30℃近くあります。そして雨のあとは湿度が高く(我が家の湿度計では本日の湿度は80%となっています)蒸し暑いので半袖、短パンなどで過ごしています。

海水温は24~5度くらいになってきました。雨のあとや長く入っていると冷えてきますが、短時間なら水着でも平気になってきました。天気がよければもっと暖かく感じるので海で泳ぐのもよい季節になってきました。

2024年夏シーズンはどのようなシーズンになるか楽しみですね。

筆者

東京・小笠原諸島特派員

たびんちゅ

元バックパッカー。小笠原諸島に移住して約20年になりました。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。