トルティージャ(スパニッシュオムレツ)を食べるなら、ぜひおいしいバルで食べていただきたい!

公開日 : 2024年06月16日
最終更新 :

私もバスク人も大好きなトルティージャ(スパニッシュオムレツ)
以前もおすすめトルティージャが食べられるバルの記事を書いています。
2014年の記事
2019年の記事
今回は自称トルティージャマニアの私が食べ歩いて見つけたお気に入り、2024年版をお届けします!

店舗名:La Cocina de Aitxu
住所:Heros Kalea, 21, Bilbao
昨年2023年にオープンしてから大人気となり、2店舗目もオープンしています。
玉ねぎ入り、トリュフ入り、チョリソー入りなどの6種類のトルティージャを楽しめます。  

店舗名:BAR LA FLACA  
住所:Henao Kalea, 1, Bilbao
私好みのしっかりジャガイモを揚げてあるタイプのトルテージャ。
お店の雰囲気もかわいくてとても居心地のいいバルです。

店舗名:Sorginzulo  
住所:Plaza Nueva 12, Casco Viejo - Bilbao
コンクール常連のビルバオ旧市街でいちばん人気のトルティージャ。
最近は人気過ぎて、争奪戦です。

店舗名:Kapadokia Bar
住所:Pescaderia 10, San Sebastian
こちらは、バスクナンバーワンに選ばれたサンセバスチャンのトルティージャ。
私としてはもう少し卵が凝固している方が好みですが、ぜひナンバーワンを食べてみてください!

店舗名:Cañadío
住所: Gómez Oreña, 15, Santander, Cantabria
最後はサンタンデールの有名店。
マドリードの支店も大人気のエレガントなトルティージャです。

トルティージャはどのバルでも提供していますが、お店によって味や食感が全然違いますので、なかなか奥が深い食べ物。
ぜひ選んで食べていただきたいです!

筆者

スペイン特派員

黒田カナエ

美食エリアとして大注目のバスク地方、 ビルバオから最新情報をお届けします!

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。