【京都】初夏の「大原・三千院」1000株の紫陽花が見頃

公開日 : 2024年06月16日
最終更新 :
筆者 : Akio

大原・三千院に青もみじと紫陽花を訪ねに行ってきました。

三千院のある大原は「日本の紅葉の名所100選」にも選ばれた京都を代表する紅葉の名所です。
6月の今、参道は苔と青もみじの、緑美しい世界が広がっています。

参道から、石段を登り山門へと向かいます。

入ったところの看板には「あじさい祭」のお知らせ。

三千院

三千院は門跡(もんぜき寺院)のひとつです。
門跡とは天台宗のお寺で皇族や貴族が住職をする由緒あるお寺のことです。
三千院、妙法院、青蓮院を三門跡、そこに毘沙門堂、曼殊院を含めて五門跡といいます。
三千院は元々は比叡山にありましたが、時代の流れのなかで何度か移転し、
現在の大原には明治維新後にやってきました。
1200年の歴史をもつ、格式高いお寺になります。

三千院といえば、聚碧園・有清園の庭が有名です。
作家である井上靖さんは「東洋の宝石箱」と表現されています。

まずは、お茶席から「聚碧園」の庭園を拝観と思いましたが、満席でしたのであきらめて、
次の「有清園」のお庭へと向かいました。

「有清園」では庭一面を覆いつくすほどの苔が生えています。

まるで、時が止まったような静かな世界。

緑のなかの石灯籠。

お地蔵様がおられました。

木漏れ日と苔の景色に、ほっこりします。

「わらべ地蔵」さんにも会えました。

有清園は、青もみじと苔の美しい庭園ですが、
スギやヒノキが圧巻の景色を作り出す広大な池泉回遊式庭園でもあります。
わらべ地蔵さんは、こちらにも……

そして、こちらにも……

有清園を抜けて、「あじさい祭」が行われている、あじさい苑へと来ました。

苑内では、ホシアジサイやヤマアジサイをはじめ、
さまざまな種類の約1000株以上の紫陽花が、華やかに咲き誇っています。
あじさい祭は、6月9日(日)~7月7日(日)まで行われています。

京都市内は連日の猛暑が続いていますが、ここ大原・三千院では
青もみじと紫陽花が織りなす、涼やかな景色が広がっています。

三千院

住所
京都市左京区大原来迎院町540
時間
9:00~17:00
参拝料
大人700円・中高生400円・小学生150円 (あじさい祭含む)
アクセス
出町柳駅からバス大原下車 東へ徒歩約10分
叡電八瀬比叡山口駅からバス大原下車 東へ徒歩約10分

筆者

京都特派員

Akio

京都は平安京の頃から、今に至るまで様々な歴史が残っている町。歴史と季節を訪ねながら京都特派員ブログを、綴って行ければと思います。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。