世界のベストレストラン50で香港の「永(Wing)」が20位に

公開日 : 2024年06月18日
最終更新 :
筆者 : 武田信晃

先日は「アジアのベストレストラン50」を紹介しましたが、主催者のウィリアムリードは「世界のベストレストラン50」を発表しました。香港の最高位は広東料理の店「永(Wing)」で20位にランクイン。また、このランキング常連の広東料理の「大班楼(The Chairman)」は24位にランクインしました。

ちなみに1位はバルセロナにある「Disfrutar」でスペイン料理をベースとした創作料理の店です。日本のトップは東京にあるスランス料理の店「SÉZANNE」が15位でした。

「永(Wing)」の料理
写真提供:THE WORLD’S 50 BEST RESTAURANTS 2024 「永(Wing)」の料理

採点ルールはほぼアジアのベストレストラン50と同じです。世界27の地域に分け、1つの地域ごとに40人の投票者がおり、合計で1080人で投票します。男女氏は50:50、34%がシェフやレストラン経験者、33%がライター、33%が美食家という割合です。そのうち25%は新しい投票者となっていいます。18ヵ月以内に訪れたレストランが対象で、10のレストランを選ぶうち7つは自分が在住する地域から選びます。

中環(Central)地区にある「永(Wing)」の料理人は鄭永麒(Vicky Cheng)という方で、フランス料理店「VEA」ののシェフでもあります。彼は中華料理の店も経営したいということで、「VEA」が入っている店の下に「永(Wing)」をオープンさせました。そんな背景から、この店はフレンチと中華が融合した独創的な料理が楽しめます。

「永(Wing)」の店内
写真提供:THE WORLD’S 50 BEST RESTAURANTS 2024 「永(Wing)」の店内

ガイドブックの『ミシュラン』を含めて、何度も紹介してきた大班楼(The Chairman)ですが、とにかく広東料理の地位向上に貢献したと言えるレストランです。予約必須に店ですが、一度行く価値はあると思います。

店内の様子
写真提供:THE WORLD’S 50 BEST RESTAURANTS 2024 店内の様子
写真提供:THE WORLD’S 50 BEST RESTAURANTS 2024

筆者

香港特派員

武田信晃

新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。スポーツ、グルメ、エンタメまで幅広くカバーしている。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。