香港で日本アニメを体験とグッズ購入できる施設「Anima Tokyo」

公開日 : 2024年06月24日
最終更新 :
筆者 : 武田信晃

今やアニメは日本が世界に誇る文化ですが、香港においての日本アニメ、漫画の浸透度はすごいものがあります。今回は尖沙咀(Tsim Sha Tsui)にできた「Anima Tokyo」というアニメ体験施設に行ってきました。

写真提供:Strategic Public Relations Group

地階から2階までの3フロアで構成で、大きさは8万平方フィート(約7400㎡)という巨大施設です。商品販売とグッズの展示、飲食エリアの3つに分かれています。

入口の左にピンクの長い廊下があり、そこには「ポケモン」のレアカードなどが展示されています。右側は巨大なキャラクターグッズの販売エリアで、店全体で4000アイテムあります。ガンダム、ドラゴンボール、ちびまる子ちゃん、進撃の巨人などの各種キャラクターグッズがたくさん売られています。いちばん奥にはプレイステーションなどのゲームも販売されているほか、プレステを含む任天堂のSwitchやXboxの最新ゲームを体験できるスペースも用意されています。

入口
入口

読者の方は、こういうグッズは日本で買えばいいのではないか? と思うかもしれませんが、実は日本で売り切れた人気商品は香港ではまだ売られている可能性があるのです。

  • ガンプラ

    ガンプラ

  • ひしめき合うグッズ群

    ひしめき合うグッズ群

  • インスタ映えスポットも

    インスタ映えスポットも

1階(日本で言う2階)は企画展のエリア。筆者が訪れたときは「鋼の錬金術師展」が開催されていました(こちらは別途、入場料が必要で大人100香港ドル)。実写版で使われた衣装などを見ることができました。

2階は「日本グルメ横丁」という3万平方フィートある飲食エリアで、昭和の雰囲気を醸し出しています。ペストリーショップ「桃子のBakery」、ジャパニーズ・ウイスキー・バー「Takumi Whisky Bar」、すし店「鮨(すし)愛」、海鮮居酒屋「海宝水産」、などなどのお店がありました。

グルメ横丁はフードコートのような感じです
グルメ横丁はフードコートのような感じです

Anima Tokyo

住所
G/F – 2/F Silvercord, 30 Canton Road, Tsim Sha Tsui, Kowloon
電話
2722 1466 (G/F)、9319 0184 (1/F)、722 0366 (2/F)
営業時間
ショップ 10:00~22:00、フードタウン 11:00~22:00、バー 16:00~翌2:0

筆者

香港特派員

武田信晃

新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。スポーツ、グルメ、エンタメまで幅広くカバーしている。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。