【英国】歴史ドラマ&映画ロケ地で有名な古城へ!

公開日 : 2024年06月18日
最終更新 :
筆者 : 小野雅子

イングランド北部ノーサンバランドにある古城、バンバラ城。AD600年前後に城主の妻ベバ(Bebba)の名前にちなみ、べバンバー城(Bebbanburh Castle)と名付けられました。

べバンバー城と聞いてピーンと来る人は、きっとイギリスの歴史ドラマ好きですね!?

ネトフリ歴史ドラマ「ラストキングダム」もここで撮影
ネトフリ歴史ドラマ「ラストキングダム」もここで撮影

そう、ここは日本でも放映されたNetflixのドラマ「ラストキングダム」の舞台、べバンバーグ城なんです!

9世紀~10世紀、イングランド内の多くの国がデーン人(ヴァイキング)の支配下となった時代。サクソン人として生まれデーン人として育った主人公が、イングランドが国として独立するのに貢献・・・というアクション&ロマンス満載のドラマ。ご覧になった方も多いと思います。

ズラリ並んだ大砲 あの海の向こうからヴァイキングが来襲!
ズラリ並んだ大砲 あの海の向こうからヴァイキングが来襲!

もちろん実際にも、この古城は要塞として重要な役割を果たしてきました。

イングランド東北端のこの地方は、ヴァイキングだけでなくスコットランドとの攻防、さらに薔薇戦争の舞台にも・・・と数々の戦闘をくり返してきた場所でもあるのです。

いにしえの戦闘を無言で物語る外壁
いにしえの戦闘を無言で物語る外壁
現在の所有者アームストロング家の居室も
現在の所有者アームストロング家の居室も

他にもたくさんの映画やドラマのロケ地として使われている、バンバラ城。北海に面したドラマチックな外観はもちろん、城内も中世の雰囲気タップリだから納得です!

古城アルアル、雰囲気満点の地下室!
古城アルアル、雰囲気満点の地下室!

各部屋は年代ごとにテーマを変え、当時の生活様式を再現していたり、昔は地下牢だったのでは?と想像させる地下室があったり。また現在の所有者アームストロング家の居室としても使われてきた城なので、近代っぽい部屋もあります。

現在あるお城は、11世紀に建てられたもの。だからヴァイキング時代までは遡らないものの、約1000年の歴史を物語ってくれます。

元厩舎だった建物の外壁には、現代ガラス作家が制作した馬
元厩舎だった建物の外壁には、現代ガラス作家が制作した馬

あの海の向こうから、ヴァイキングがやって来たんだなぁ・・・と当時の光景を想像すると、壮大な歴史ロマンを感じます。サクソン人とデーン人の抗争時代も、のちのイングランド薔薇戦争でも、城主や騎士たちはこんな場所から敵の襲来を見張っていたことでしょう。

遥か昔にそんな死闘をくり返したなんて、信じられないほど穏やかで美しいバンバラ城。歴史ロマンを求めて、いつか訪ねてみませんか?!

取材協力:英国政府観光庁 VisitBritain

バンバラ城

住所
Bamburgh Castle, Bamburgh NE69 7DF
電話番号
44-1668 214208
営業時間
10:00-17:00

筆者

イギリス特派員

小野雅子

在英30年を過ぎました。初めてイギリスへいらっしゃる方にも分かりやすいロンドン観光&文化情報を中心に、イギリス各地やヨーロッパの情報もご案内いたします!

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。