世界三大劇場のひとつブエノスアイレスのコロン劇場でバレエ観劇

公開日 : 2024年06月18日
最終更新 :
筆者 : 相川知子

 6月16日(日)、コロン劇場でバレエの「眠りの森の美女」を見てきました。
私たちは2024年3月のシーズン開始時に、1年分のコロン劇場観劇チケットを買います。今年の冬は特に寒いので、17時に始まる回を選びました。20時頃に終了後、早めに夕食へ行けるからです。
 コロン劇場は外側から見ても立派ですが、なかの建築資材、装飾、調度品も豪華です。1908年に竣工しており、すべてヨーロッパから持ち込んだ物で、当時のアルゼンチンがいかに繁栄していたかがよくわかります。
 正面玄関から入る際に、入場券を所持しているかの確認があります。劇場窓口以外のオンラインチケットはQRコードで管理されています。
 

上がったところで携帯からスキャンしてもらえば大丈夫です。
上がったところで携帯からスキャンしてもらえば大丈夫です。

さらにレッドカーペットは続きます。大理石の床は少し滑るので、 絨毯の上を歩くのが賢明です。

劇場のホール入口
劇場のホール入口

 さらに階段を少しずつ上がりながら進むと、劇場のホール「Sala principal」に出ます。この際に、場所を探してくれる人がいるで、この人にチップを少し渡すとプログラムをくれますよ。
 

プログラムは最近少し縦長になりました。以前は真四角で少しカバンに入りにくかったのですが。
プログラムは最近少し縦長になりました。以前は真四角で少しカバンに入りにくかったのですが。
舞台の上には音符が書いてあります。その周りには著名な音楽家の名前が書いてあります。
舞台の上には音符が書いてあります。その周りには著名な音楽家の名前が書いてあります。
このメインホールは馬蹄の形をしていてだいたい30×30mあります。なお、舞台も同じぐらいの広さで奥行きがあります。
このメインホールは馬蹄の形をしていてだいたい30×30mあります。なお、舞台も同じぐらいの広さで奥行きがあります。

 アルゼンチンのほかの行事とは違い、コロン劇場は時間きっかりに開始します。開始アナウンスでは、上演中の撮影は許可されませんのでお気をつけください、とのことでした。

最後は指揮者や舞台芸術監督が上がり挨拶します。
最後は指揮者や舞台芸術監督が上がり挨拶します。
幕が引かれても拍手があれば出てきてくれます。
幕が引かれても拍手があれば出てきてくれます。
主役のふたりが挨拶に出てきてくれました。
主役のふたりが挨拶に出てきてくれました。

 終演後、拍手が終わるまで挨拶に出てきてくれます。

Teatro Colon

住所
Cerrito 628, Ciudad Autónoma de Buenos Aires, República Argentina

筆者

アルゼンチン特派員

相川知子

1991年よりブエノスアイレス在住。スペイン語とラテンアメリカが大好き。アルゼンチンのことを日本に周知がライフワーク。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。