柿崎弁天島

公開日 : 2024年06月25日
最終更新 :

海底火山から噴出した火山灰や軽石などが、浅い海底で降り積もってシマシマの地層を作り上げています。

近くで見ることができます
近くで見ることができます

この地層は、数百万年前の海底火山から出た火山灰などが運ばれてきた珍しい地層になります。

弁天「島」という名前ですが、防波堤と道路により陸続きになっています。

波食棚(はしょくだな)には生痕化石(せいこんかせき)も見つけることもできます。

吉田松陰と金子重輔「踏海の朝」の像

近くには公園もあるので、下田の海を眺めることもできます。
下田のジオを感じながらゆっくりしてみてはいかがでしょうか!

筆者

静岡特派員

休暇村南伊豆

内から見た伊豆、外から見た伊豆、様々な目線で見た伊豆の魅力をお伝えしていきます。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。