【福島】初夏の一切経山@福島市

公開日 : 2024年06月20日
最終更新 :
筆者 : bill
福島市は吾妻連峰の一角に位置する[一切経山](https://www.tif.ne.jp/yamafuku/mt30/08.html)を歩いて来ました。
基本的な登山装備とスキルでも十分楽しむことが出来る福島の名峰です。
シモフリ沢や不動沢コースと併せることが多かったため、浄土平を起点とするのは約2年ぶりとなります。
([浄土平ビジターセンター](https://www.npfj.or.jp/joudo/vc/)脇をスタート)
福島市は吾妻連峰の一角に位置する一切経山を歩いて来ました。
基本的な登山装備とスキルでも十分楽しむことが出来る福島の名峰です。
シモフリ沢や不動沢コースと併せることが多かったため、浄土平を起点とするのは約2年ぶりとなります。
浄土平ビジターセンター脇をスタート)
途中、僅かですが樹林帯の中に入ります。
途中、僅かですが樹林帯の中に入ります。
林床には沢山のイワカガミが群生しています。
林床には沢山のイワカガミが群生しています。
姥ヶ原方向との分岐を右へと進み、雪渓を右手側に進みます。
姥ヶ原方向との分岐を右へと進み、雪渓を右手側に進みます。
鎌沼方向との分岐を右へ。
鎌沼方向との分岐を右へ。
途中、振り返って吾妻小富士の火口を望みます。
途中、振り返って吾妻小富士の火口を望みます。
一切経山の山頂へ到着です。
一切経山の山頂へ到着です。
魔女の瞳とも吾妻の瞳とも呼ばれる五色沼を望みます。
(ガス優勢のため、本来の神秘的なブルーはお預けとなりました^^;)
魔女の瞳とも吾妻の瞳とも呼ばれる五色沼を望みます。
(ガス優勢のため、本来の神秘的なブルーはお預けとなりました^^;)
山頂を後にし、鎌沼の畔に続く木道を進んで周回コースを取ります。
山頂を後にし、鎌沼の畔に続く木道を進んで周回コースを取ります。
振り返ると、酸ヶ平避難小屋周辺はガスに飲み込まれていました。
雲の動きは、地上よりずっと早いのが山の特徴でもあります。
振り返ると、酸ヶ平避難小屋周辺はガスに飲み込まれていました。
雲の動きは、地上よりずっと早いのが山の特徴でもあります。
鎌沼とバックに前大巓です。
鎌沼とバックに前大巓です。
姥ヶ原では、名物のチングルマが咲き始めていました。
姥ヶ原では、名物のチングルマが咲き始めていました。
途中、鮮やかなムラサキヤシオツツジが出迎えてくれました。
バックは吾妻小富士です。
途中、鮮やかなムラサキヤシオツツジが出迎えてくれました。
バックは吾妻小富士です。
左手側に大穴火口を望みつつ浄土平駐車場へと戻ります。
左手側に大穴火口を望みつつ浄土平駐車場へと戻ります。

筆者

福島特派員

bill

福島県出身&在住。自然が好きで、四季折々の美しい景色を求め東奔西走しています。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。