かき氷の季節がやってきました!東京ビンスのピスタチオかき氷で納涼

公開日 : 2024年06月22日
最終更新 :

ソウルも30℃を超える暑い日を迎えるようになりました。
もうすぐ梅雨入りするといわれているソウルですが、
梅雨入り前からのこの暑さに、自然と冷たいものを欲してしまいます。

ソルビンのような1年中かき氷を出してくれる専門店もありますが、
ソウルでは基本季節もので、6月過ぎぐらいからカフェなどでかき氷を始めるところが増えてきます。

最近かき氷を食べる機会が多くなってきたのですが、久々にかき氷専門店の「東京ビンス」に行ってきました。
もうご存じの方も多いかもしれませんが、ビンスとはかき氷という意味で、
トマトビンスで有名な東京ビンスですが、最近ちょっと人気のピスタチオのかき氷があったので
今回はそれを食べてみることにしました。
値段は、1万3900ウォンです。

店舗ごとで販売されているかき氷は違うと思いますが、東京ビンスではトマトビンスをはじめ、
アップルマンゴビンスや抹茶生クリームビンス、いちごマスカルポーネビンス、オレオビンスや、
カボチャキャラメルビンスや黒だんごビンス、焼きパイナップルビンスなどの珍しいかき氷も販売されています。
まだ一度も行ったことのない方は、シグニチャーメニューのトマトビンスに挑戦してみられてはいかがでしょう。

東京ビンス望遠本店

住所
ソウル市麻浦区圃隠路8キル9
アクセス
地下鉄6号線「望遠」駅2番出口から徒歩9分
営業時間
12:00~21:20(L.O.21:00)
休み
無休

筆者

韓国特派員

なかしまかずえ

1997年から韓国に在住。皆さんと共有したいソウルでの楽しい情報を、まったりとお届けします。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。