復活した香港のワゴン式飲茶の老舗「蓮香楼」に行ってみました

公開日 : 2024年06月28日
最終更新 :
筆者 : 武田信晃

飲茶は香港の伝統的な食文化です。観光客にも人気がある料理です。ただ、ワゴン乗せて料理を運ぶのは需要予測を間違った場合、廃棄処分になるので利益の面から考えると無駄が多いので、今はテーブルにある注文票からオーダーするのが基本です。そう、ワゴン式のスタイルの店は一種の「天然記念物」的な存在でした。

そんななか、上環(Sheung Wan)にある「蓮香楼」は1889年に広州で発祥した歴史あるワゴン式の店でしたが、いろいろな理由から閉鎖されていました。観光客にも人気にあるみせでしたが、うれしいことに新しいオーナーを迎えて復活しました。ということで、同店に行ってきました。

テイクアウト用のカウンター
テイクアウト用のカウンター
お土産や食器なども売られています
お土産や食器なども売られています

同じ店舗による再開で居ぬき物件ですから、基本のレイアウトは変わっていません。また、入口にはテイクアウトのエリアを設け、ミルクティーやレモンティーなどをベースに各種ソフトドリンク(30香港ドル~)を提供しています。ただ、復活にあたり内装を変えたことで、閉鎖前よりかなりこぎれいになりました。

店内の様子
店内の様子

値段は、25、30、35、38、42香港ドルの5種類です。メニュー表には、この料理が何ドルなのかはわかりやすく掲載されています。例えば、鮮猪潤焼売(35香港ドル)、蟹籽焼売皇(同)、順徳鯪魚球(30香港ドル)などでした。あとは、テーブルの近くにワゴンを押してやってくる従業員がいるので、その人にこれをくださいといえば料理がもらえます。

また、16時以降は、通常の中華レストランとなります。ちなみに筆者は麻婆滑豆腐(98香港ドル)を注文しました。

気になる味ですが、以前働いていた従業員を再雇用しただけあって味は、昔とほぼ同じでした。なつかしさまでこみ上げてきました。

  • 鮮猪潤焼売

    鮮猪潤焼売

  • 蟹籽焼売皇

    蟹籽焼売皇

  • 順徳鯪魚球

    順徳鯪魚球

麻婆滑豆腐
麻婆滑豆腐

ほかにも、同店で使う食器類なども売られているので、ローカルスタイルの飲茶の店全体を楽しんでください。

蓮香楼

筆者

香港特派員

武田信晃

新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。スポーツ、グルメ、エンタメまで幅広くカバーしている。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。