大都市バルセロナを追われた天才シェフが“美味しい”レストラン革命を起こす『美食家ダリのレストラン』

公開日 : 2024年06月27日
最終更新 :

スペインが生んだ20世紀を代表する画家、サルバドール・ダリが過ごしたスペインの港町「カダケス」のレストランを舞台に、繰り広げられる人間模様や夢を叶えるために情熱を燃やす姿を描いたカラフルでユーモラスな作品が2024年8月16日(金)より全国公開です。

作品のあらすじ

舞台は1974年のスペイン。大都市バルセロナで働いていた料理人のフェルナンドと弟アルベルトは、圧政とプレッシャーから逃れるため友人の伝手で地中海に面した町カダケスという小さな田舎町に移り住みます。

カダケスではダリを崇拝するジュールズがオーナーを務めるレストラン「シュルレアル」で働くこととなったフェルナンド達ですが、競争が激しいバルセロナでシェフとして腕をふるっていたフェルナンドはダリや彼の作品に関して当初は全く無関心。
しかし、ジェールズの「いつかダリに当店でディナーを」という目標や、その夢を叶えるための無謀でカオスな数々の試みを通してフェルナンド自身も徐々にダリの才能に感化されていきます。主人公を取り巻く人間模様や環境はやがて彼の料理の世界を大きく変えることとなります。ジュールズの悲願は叶い、ダリは「シュルレアル」を訪れるのでしょうか・・・?

©ESPERANDO A DALÍ A.I.E. 2022

本作のインスピレーションの元になったのは、伝説的な三ツ星レストランの「エル・ブジ」。実際に「エル・ブジ」で提供された独創的なメニューの数々が登場するのも見どころのひとつ。
さらに作中、店内では「溶けた時計」や「卵」のオブジェ、「ロブスター電話」などダリのアートを模したオブジェが登場します。色とりどりの料理や美しい風景の数々など、スペインの食や文化、芸術の魅力はもちろん旅人の心にも刺さる映画です。

作品の舞台となったカダケスの町

©iStock

地中海に面した素朴な漁村、カダケスは夏のリゾート地として人気の町です。白い壁の町並みはとても落ち着いた雰囲気で、目の前には青い地中海の景色が広がります。ダリをはじめ、多くの画家や詩人が移り住み別荘地となった場所としても知られ、数々の作品のインスピレーションを与えた地といわれています。

©iStock

カダケスを訪れたら必ず訪れたいのがサルバドール・ダリの家美術館(Casa Museu Salvador Dali)です。
町の中心地から徒歩で20分程の場所にあるポルトリガット(Port Ligat)という入り江にあるダリが晩年を過ごした家で、現在は博物館として一般公開されています。

この美術館は別名“卵の家”とよばれ、屋根の上にある美しい卵のオブジェが特徴的です。なぜ卵かというと、ダリ自身、卵の形の完璧さに美しさを感じ、生命の源である卵に魅力を感じていたからといわれています。
館内に入るにはオンラインでの事前予約(有料)が必須で、10分ごとに少人数しか入場できません。館内ではダリと妻のガラが実際に使用していた寝室やアトリエも見学できます。芸術に興味がある方はもちろん、あまり詳しくない方でも館内の独創的な展示や晩年のダリに思いを馳せるなど素敵な時間を過ごせる場所です。

サルバドール・ダリの家美術館(Casa Museu Salvador Dali)

スペイン旅行のお供に地球の歩き方ガイドブック

訪れるたびに新しい感動が待っている、大人気のスペイン。
今回の巻頭は、グルメなスペインを大解剖!バルの活用術からレストランメニューカタログ、利用方法まで、食を大満喫する手ほどき付き。もちろん多彩な世界遺産、フィエスタなども写真豊富にご案内。図版つきの名所ガイドや、各地の魅力的な町も多数収録!

筆者

地球の歩き方ウェブ運営チーム

1979年創刊の国内外ガイドブック『地球の歩き方』のメディアサイト『地球の歩き方web』を運営しているチームです。世界約50の国と地域、160人以上の国内外の都市のスペシャリスト・特派員が発信する旅の最新情報をお届けします。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。