【スペイン】夏にぴったりのタパス「サルピコン」のレシピ

公開日 : 2024年06月28日
最終更新 :

暑い日には冷たくてサッパリした物が食べたくなりますね。わが家では、夏といえばガスパチョ(冷たいトマトスープ)を頻繁に食べます。残ったガスパチョと麺つゆを混ぜて、そうめんを食べることも。

今日は暑い日にぴったりのタパス、サルピコンのレシピをご紹介します。スペイン版シーフードマリネです。見た目は写真の通り。色鮮やかで食欲をそそります。では、早速作り方をご説明します。

【材料(4人分)】
茹で海老          12匹くらい
白ワイン蒸しムール貝の中身 8つくらい
カニカマ          6本くらい
ゆでだこ          80gくらい
トマト(なくてもOK)    小1
ピーマン          小1
赤パプリカ         半分
玉ねぎ(紫でもOK) 半分 
塩             小さじ半分
黒コショウ         お好みで
オリーブの実(なくてもOK) 適量
シェリーもしくはワインビネガー   小さじ2~3
エキストラバージンオリーブオイル  大さじ2


【作り方】
カニカマとゆでだこ、トマトは小さめのひと口大に切る。
ピーマン、赤パプリカはやや大きめのみじん切りにする。
玉ねぎもやや大きめのみじん切りにして、しばらく水に浸けた後に水気を絞る。
オリーブの実は丸ごとでもいいし、半分に切るかスライスしてもよし。
そしてすべての材料も混ぜるだけ、とても簡単!!

冷蔵庫で冷やしてからいただきます。3日くらいは持ちますよ。

写真のようにシーフードは海老とカニカマだけでもOKですし、それぞれの分量もお好みで構いません。とってもアバウトな料理なんです。

スペインではバルのカウンターでガラスケースの中に入っているのもよく見かけます。この夏スペインにお越しの方は、見かけたらぜひ頼んでみてくださいね。冷たい白ワインと一緒にどうぞ。

筆者

スペイン特派員

田川 敬子

東京生まれの東京育ち。オリーブオイル専門家としてスペインと日本で活動するほか、複数のウェブサイトにスペイン情報を寄稿。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。