韓国ノワール映画『このろくでもない世界で』が7月26日に公開 ソン・ジュンギ×新鋭ホン・サビンが熱演!

公開日 : 2024年07月03日
最終更新 :

第76回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門に正式出品され注目を集める韓国ノワール映画『このろくでもない世界で』が、7月26日に公開されます。貧困と暴力から行き場を失った少年と、そんな少年にかつての自分の姿を重ねる闇社会の男を、新鋭ホン・サビンと人気俳優ソン・ジュンギが熱演。もがくほど泥沼にはまっていく彼らに光は射すのか!?

本作のあらすじ 暴力、貧困…負のループから抜け出せない少年がたどる道の先にある未来とは?

ヨンギュの義理の妹を演じたのは「BIBI」の名で活躍するシンガー、キム・ヒョンソ
ⓒ 2023 PLUS M ENTERTAINMENT, SANAI PICTURES, HiSTORY ALL RIGHTS RESERVED. ヨンギュの義理の妹を演じたのは「BIBI」の名で活躍するシンガー、キム・ヒョンソ

暴力がはびこる閉鎖的な町に暮らす18歳の高校生ヨンギュ(ホン・サビン)は、貧しい家庭に育ち、継父のDVに怯える日々を過ごしていました。ある日、継父の連れ子である義理の妹ハヤン(キム・ヒョンソ)を守るために暴力沙汰を起こして停学になり、そのうえ、殴った相手の両親から多額の示談金を求められてしまいます。

闇社会に生きる男の役で新境地を開いた俳優ソン・ジュンギ
ⓒ 2023 PLUS M ENTERTAINMENT, SANAI PICTURES, HiSTORY ALL RIGHTS RESERVED. 闇社会に生きる男の役で新境地を開いた俳優ソン・ジュンギ

どうしてもお金を工面できず途方に暮れるヨンギュに手を差し伸べたのは、地元の犯罪組織のリーダーであるチゴン(ソン・ジュンギ)でした。チゴンは、ヨンギュにかつての自分の姿を重ねていて…。

ヨンギュにチゴンが手を差し伸べることで事態は好転するのか?
ⓒ 2023 PLUS M ENTERTAINMENT, SANAI PICTURES, HiSTORY ALL RIGHTS RESERVED. ヨンギュにチゴンが手を差し伸べることで事態は好転するのか?

ヨンギュは仕事という名目で“盗み”を働き、徐々にチゴンに認められていきますが、ある日、組織の掟に背いてしまいます。もがけばもがくほど泥沼にはまっていくふたり。このろくでもない世界で、果たして彼らに希望の光は射すのでしょうか?!

映画情報

タイトル
『このろくでもない世界で』
監督・脚本
キム・チャンフン(初長編監督作品)
出演
ホン・サビン、ソン・ジュンギ、キム・ヒョンソ(BIBI)
配給・宣伝
ハピネットファントム・スタジオ
公式HP
happinet-phantom.com/hopeless
公式X
@hopeless_movie
|2023年/韓国/カラー/シネマスコープ/5.1ch/原題:화란/英題:HOPELESS/123分/字幕翻訳:本田恵子/R15+
ⓒ 2023 PLUS M ENTERTAINMENT, SANAI PICTURES, HiSTORY ALL RIGHTS RESERVED.

物語の舞台となったのは韓国の架空の町ミョンアン

閉塞感を感じさせる廃れた町の風景にも注目
ⓒ 2023 PLUS M ENTERTAINMENT, SANAI PICTURES, HiSTORY ALL RIGHTS RESERVED. 閉塞感を感じさせる廃れた町の風景にも注目

この物語の舞台は韓国の「ミョンアン市」というところですが、これは架空の町。監督は、「漢字で“暗い明、穴の中”という字を使って抜け出せない地獄のような感じを込めた」と話しています。「建物であれ土地であれ、周辺環境であれ、少しでも新しいものがあってはならないという原則を立てた。登場人物たちが感じている窮屈さと疲弊を視覚化し、観客にも体感してもらうために、都市をなすすべてのことを“古道具”のように表現したかった」のだとか。細部まで計算されているので、まるで実在する町かのようなリアリティがありますが、残念ながら存在しないので訪れることはできません。

ひとときの安らぎのシーンで登場した「魚のチゲ」で映画の世界にトリップ

ソン・ジュンギがワイルドに魚を捌くシーンも印象的
ⓒ 2023 PLUS M ENTERTAINMENT, SANAI PICTURES, HiSTORY ALL RIGHTS RESERVED. ソン・ジュンギがワイルドに魚を捌くシーンも印象的

架空の町を訪れることは難しくても、グルメで映画の世界を旅することはできます。本作では地元の犯罪組織のリーダーであるチゴンと高校生ヨンギュの絆が見どころのひとつですが、なかでもチゴンがヨンギュに魚のチゲを振る舞うシーンは印象的。チゴン役のジュンギさんも、「(チゴンが)ヨンギュと魚のチゲを食べる場面は、ふたりが共感を覚える重要な瞬間」と語っています。「夜中の2時頃から一晩中チゲを食べたが、終わる頃には生臭いにおいがした(笑)。苦労した分、よく撮れたようでやりがいがあった。」と、思い出深い撮影でもあったようです。

魚を煮込んだ鍋は韓国グルメの定番
ⓒiStock 魚を煮込んだ鍋は韓国グルメの定番

張り詰めた物語の中で一時のあたたかさを感じさせるシーンで登場した「魚のチゲ」は、韓国の定番料理。チゴンの手料理の鍋はヨンギュの心をあたため和らげてくれたことでしょう。韓国を旅するときは、この2人の束の間の穏やかな時間に思いを馳せながら、ぜひ味わってみてください。

TEXT:清水真理子

筆者

地球の歩き方ウェブ運営チーム

1979年創刊の国内外ガイドブック『地球の歩き方』のメディアサイト『地球の歩き方web』を運営しているチームです。世界約50の国と地域、160人以上の国内外の都市のスペシャリスト・特派員が発信する旅の最新情報をお届けします。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。