パリ市内からオルリー空港まで地下鉄開通、オペラ地区から14番線でダイレクトに

公開日 : 2024年06月29日
最終更新 :

パリにはシャルル・ド・ゴール空港とオルリー空港という2大空港があります。前者はパリの北郊外、後者が南郊外です。そのオルリー空港への地下鉄14号線の乗り入れが2024年6月24日に開始しました。

パリ五輪を前に延伸した14号線

14号線は、パリの地下鉄の中でも最も歴史が新しい路線で、乗務員のいない自動運転が取り入れられています。他の地下鉄路線と比べて、パリ市内における停車駅の間隔は長く、移動の際のスピードが利点の路線です。

今回の地下鉄14号線の乗り入れにより、リヨン駅からは23分、サン・ドニ・プレイエル駅からは40分でオルリー空港までつながることになりました。なお、2027年に新しく開業する地下鉄18号線もオルリー空港に乗り入れる予定です。

注意点もあります。市内から14号線を使ってオルリー空港へ行く場合、運賃は10.30ユーロ(2024年6月現在)となっています。パリの地下鉄は、運賃が距離によって変動せず一律で2.15ユーロ(2024年6月現在)ですが、オルリー空港まで向かう場合は、その運賃ではありません。

14号線延伸で新規開業した注目の駅

今回は7月26日に開幕するパリ・オリンピックを前に、14号線の両端である南北でそれぞれ延伸が行われました。新設された駅も多いですが、そのなかでもっとも注目されているのが、パリ・オリンピックの選手村などの最寄駅となるサン・ドニ・プレイエル駅です。

同駅の設計は建築家の隈研吾氏。木を使った落ち着いたデザインが特徴的です。

サン・ドニ・プレイエル駅は、RER D線やE線の駅であるスタッド・ド・フランス・サン・ドニ駅から300mの徒歩圏内であることに加え、2031年には14、15、16、17号の4路線がサン・ドニ・プレイエル駅で交差する予定で、パリ北部のターミナル駅になります。

これら新線計画の基礎には、グラン・パリ(パリ大首都圏)構想があります。現在、パリ市内は地下鉄が網目のように張り巡らされて便利ですが、郊外に出ると途端に鉄道での移動は不便になります。そのため、グラン・パリ・エクスプレスとして整備されるこれら新線などで交通網を拡充させ、パリ中心部と郊外とのアクセスを改善し、さらに大きなひとつの生活圏にしていこうというもの。今回の14号線の延伸は、そのステップのひとつです。

名称
サン・ドニ・プレイエル駅(Saint-Denis Pleyel)
住所
Gare de Saint-Denis Pleyel 93200

筆者

フランス特派員

守隨 亨延

パリ在住ジャーナリスト(フランス外務省発行記者証所持)。渡航経験は欧州を中心に約60カ国800都市です。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。