【ハワイ・オアフ島】史跡と神話の舞台をホロホロ!ハワイカルチャーさんぽ

公開日 : 2024年06月30日
最終更新 :

ハワイ文化研究家 森出じゅんさん

今回は、2024年3月に地球の歩き方「旅の読み物」シリーズから、ハワイの文化や歴史をひもとく1冊「史跡と神話の舞台をホロホロ! ハワイカルチャーさんぽ」を上梓された森出じゅんさんにお話を伺いました。著述家でありハワイ文化研究家でもある森出さんとは、筆者も何度か一緒にお仕事させていただいたことがあります。1990年からハワイ在住で、ハワイ州観光局の文化啓蒙プログラム「アロハプログラム」の講師を務めている森出さん。これまでに「やさしくひも解くハワイ神話」や「Hawaii 神秘の物語と楽園の絶景―ハワイの人々が愛する100の神話」、そして最新作の「史跡と神話の舞台をホロホロ! ハワイカルチャーさんぽ」など、数々の著書を手掛けてきました。

執筆の背景:街の史跡と神話の舞台

森出さんが今回の本「史跡と神話の舞台をホロホロ! ハワイカルチャーさんぽ」を執筆するに至った背景には、30年間にわたるハワイでの生活があります。オアフ島には、旅行者も日常的に歩いている街角に、数々の歴史や神話が隠されていることに気づいた森出さん。それを知って街を歩くのと、知らずに歩くのとではハワイの光景がまったく違って見えるといいます。この違いを多くの人に知ってもらいたいという思いから、この本が企画されました。

ハワイの史跡と神話に魅了されて

森出さんがハワイの史跡や神話に特別な興味をもつようになったきっかけは、子どもの頃からの歴史や神話・伝説への興味でした。ハワイに移住してからは、島全体に神秘的な雰囲気が漂っていることに感銘を受けました。とくにハワイ王国の崩壊という19世紀の悲劇を知り、大きな衝撃を受けました。ハワイはただのリゾート地ではない。その深い歴史と文化を日本のみなさんにも伝えたいという使命感から、この本の執筆に至ったそうです。

執筆の苦労とリサーチ

執筆する過程でとくに苦労したことは、聞き書きした内容を文献で裏付ける作業でした。30年間にわたり、新しい土地に行くたびに「ここに言い伝えはありますか?」と尋ねることで、不思議な話を数多集めてきました。ところが、それをそのまま書籍に載せるわけにはいかず、文献での確認が必要でした。今まで聞いたことがないようななじみの薄い情報であればあるほど、その確認作業が難しかったといいます。

森出さんが伝えたいこと

森出さんは読者に対して、「マラマハワイ」の心を知ってもらいたいと考えています。「マラマハワイ」とは「ハワイを慈しもう、大切にしよう」という意味で、自然だけでなくハワイ全体へのスローガンです。ハワイの歴史や深遠な文化を学ぶことで、島を敬い大切にする気持ちが生まれるという森出さんの固い信念が込められています。

次のプロジェクト

今後のプロジェクトについても伺いました。次は「神話」に焦点を当てた本を考えているとのこと。切り口は秘密だそうですが、王族に焦点を当てた歴史の研究も続けていきたいと語ってくださいました。

森出さんからのメッセージ

この本はオアフ島のカルチャースポットを、頭の引き出しがすっかり空になるまで出しきって仕上げた1冊です。読んでくださったみなさんが必ず、周りもアッと驚くハワイ通になれる! そのような自負のもと、ここにお届けいたします。そのスポットの歴史や言い伝えを知って眺めると、よく知っているはずのその場所がまったく違った印象で目に映るはずです。ハワイが2倍楽しくなるといいますか……。本書を手に、「ハワイ再発見」の旅を楽しんでみてください。

書籍名
史跡と神話の舞台をホロホロ! ハワイカルチャーさんぽ
著者
森出じゅん
購入サイト
https://shorturl.at/qCKw1

▲写真提供:森出じゅん

筆者

ハワイ特派員

小嵜 有美

昭和、平成、令和にわたってホノルル暮らし。現在はフリーで編集者/ライターそしてハワイ企業の広報担当として活動中。ハワイの食ならお任せください!

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。