【スペイン】バレンシアのベルムー祭りに行ってきました

公開日 : 2024年06月30日
最終更新 :

6月21日から30日まで、バレンシアの旧市街で開かれていた「ベルムー祭り(Feria del Vermut)」に行ってみました。

広場全体が会場かと思いきや、この一角のレンタルスペース内が会場で、外で飲むのはNGだったことが残念
広場全体が会場かと思いきや、この一角のレンタルスペース内が会場で、外で飲むのはNGだったことが残念

ベルムーと聞いても「?」と思う方も、ベルモットは聞いたことがあるのではないでしょうか。あのハーブやスパイスを漬け込んだフレーバードワインです。私はいつもスペイン版養命酒と説明しますが、食欲増進や健胃作用、などの強壮などの効能があるのだとか。そもそも、紀元前に古代ギリシャの医師ヒポクラテスが患者に飲ませたことが発祥だという説もあるのです。

スペインでは昔よく飲まれたのにその後衰退したそうです。が、少し前にブームがあり、今はすっかり定番の食前酒として定着しています。

『ベルムー祭り』は狭いイベント会場内でしたが、いくつものベルムーの製造元が出展していて、ブースで説明を聞きながら飲みたいベルムーを選ぶことができました。白ワインや赤ワインベースのほかに、はじめて見るロゼベースのものも。また、製造元によって漬け込むハーブやスパイスの違いもあり、話を聞くのは楽しかったです。ちなみにチケット制で1杯2.5ユーロでした。

ここのビターテイストのベルムーが美味でした
ここのビターテイストのベルムーが美味でした

このイベントではスタンダードに大きな氷を入れたロックで提供されましたが、これからの季節は炭酸で割ってもスッキリおいしくいただけます。私は最近知ったのですが、スペインにはベルムーがメインのベルムテリーア(vermutería)と呼ばれるバルもあるので、スペインに旅行の際に見つけたらぜひ1杯飲んでみてくださいね。

(※ TOP画像はベルムー祭り会場ではなく、マドリード某所で飲んだベルムーです。)

筆者

スペイン特派員

田川 敬子

東京生まれの東京育ち。オリーブオイル専門家としてスペインと日本で活動するほか、複数のウェブサイトにスペイン情報を寄稿。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。