サンフランシスコ・プライドフェスティバルの週末。街の様子

公開日 : 2024年07月02日
最終更新 :
筆者 : Katie M

毎年6月最終週の週末、サンフランシスコ市内ではプライドフェスティバルが開催されます。今年で第54回目となるSFプライドパレード、サンフランシスコは快晴、気温も午前中から上昇し夏日のような1日に。パレードが始まる前の午前10時あたりの街の様子をご紹介します。

カラフルなレインボーにあふれる週末

毎年6月、市内はプライド月間を讃えるレインボーの色であふれます。たくさんの飲食店や小売店がレインボーの旗を店頭に飾ります。

6月の風物詩、ツインピークスのピンクレインボー、今年も登場です。

午前10時を過ぎたあたりのマーケット通りの様子。すでに多くの人が、10時半からはじまるパレードを見るために集まっています。

市庁舎前に置かれた審査員席の様子。天候がよく、いつもは肌寒いサンフランシスコの朝ですが、この日は75度(23℃)を超える暑い日となりました。

最後に

サンフランシスコで最も知名度のあるお祭りのひとつが、6月のSFプライド。世界最大級のLGBTQ+の集いとして世界的に知名度が高いことから、毎年100万人から200万人の観客が押し寄せます。今年は快晴となり、さらに盛り上がりを見せました。

筆者

アメリカ・カリフォルニア州特派員

Katie M

18歳での留学をきっかけに渡米。現地で役立つライフスタイルやトレンドなどを紹介します。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。